ガパオライスレシピ・作り方【嵐にしやがれ6月23日 東儀秀樹】

2012年6月23日放送の日本テレビ・嵐にしやがれで東儀秀樹さんが松本潤さんに教えていたタイ料理、ガパオライスレシピ・作り方です。

番組では「ガパオライス作りの極意」ということで雅楽師の東儀秀樹さんが松本潤さんにガパオライスのレシピを伝授。日本古来の雅楽を現代曲と融合させ、独自のスタイルを築き上げた雅楽師の東儀秀樹さんは、幼少期をタイで過ごしたことから、タイ料理が大の得意なんだそうです。タイ料理は今女性の中でも人気で、その中でもガパオライスは世界中の女性に人気があると言われているそうです。ガパオとはバジルのような香りがするハーブのこと。

東儀流ガパオライスのレシピ・作り方

材料(1人前)

  • タイ米…250g
  • 鶏もも肉…150g
  • 唐辛子…2~3本
  • にんにく…2片
  • 玉ねぎ…1/8個
  • ピーマン…1/4個
  • 赤ピーマン…1/4個
  • ガパオ…7枚
  • きゅうり(薄切り)…3切れ
  • 卵…1個
  • サラダ油…適量

★調味料

  • ナムプラー…大さじ1
  • オイスターソース…大さじ1
  • 砂糖…小さじ1

作り方

1
鶏もも肉を叩いてみじん切りにする。玉ねぎ・ピーマン・赤ピーマンは薄切りにし、にんにくはみじん切り、唐辛子は輪切りにする。
2
フライパンでサラダ油を熱し、にんにく・唐辛子を軽く炒め、鶏肉・玉ねぎ・ピーマンを炒め、鶏肉の色が白く変わってきたら★調味料の材料(オイスターソース・ナンプラー・砂糖を)を加えて炒める。
3
汁が無くなるまで炒めたら、ガパオ(バジルの葉)を加えて軽く炒める
4
違うフライパンで玉子焼きを作る。フライパンに油を多めに入れ、冷たい状態の油に卵を落とし、徐々に火力をあげていく。揚げるような気持ちで焼いていく。
5
最後はタイ米に炒めた具材を盛り、目玉焼きを乗せれば出来上がり
ガパオライスレシピ・作り方【嵐にしやがれ6月23日 東儀秀樹】


ポイント

鶏肉は叩いて拍子を取ることで、皮、スジが切れ、食べやすい上、大きさがまばらで食感が良くなる。
ガパオを7枚入れるのが東儀流黄金率だそうです。
冷たい油に卵を落とすと、白身はカリカリ、黄身はトロトロの目玉焼きができる。
初めてガパオライスを食べた松本潤さんは卵の食感が良く美味しいとコメントしていました。

シェアする

関連商品