NHKあさイチ 焼き芋と豆腐のケーキレシピ|3月4日

2015年3月4日(水曜日)放送のNHKあさイチでは、焼き芋アレンジの達人・村田洋子さんがおすすめの焼き芋のアレンジ料理として「焼き芋と豆腐のケーキ」のレシピを紹介していました。

焼き芋と豆腐のケーキレシピ

焼き芋と豆腐のケーキレシピ

材料

  • 焼き芋…1本(約250g)
  • 絹豆腐…100g
  • 砂糖…大さじ1
  • 塩…ひとつまみ
  • サラダ油…大さじ3
  • 小麦粉…50g
  • ベーキングパウダー…小さじ2

作り方

1
皮を向いた焼き芋をボウルの中で潰す。
2
豆腐を加えてさらに潰す。

豆腐がつなぎの役割を果たして生地がしっとりとまとまる。
3
砂糖・塩・サラダ油を加えて混ぜる。
4
別のボウルで小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ、「3」に加えてさっくりと混ぜる。
焼き芋と豆腐のケーキレシピ

潰しすぎないのがポイント。かたまりが残ってるくらいのほうが焼き芋の感じが出る。
5
パウンド型に入れて真ん中に切れ目を入れ、180度のオーブンで45分焼けば出来上がり。

村田さんは埼玉県で週1回焼き芋を売り歩く人気の焼き芋屋さんでもある。

村田さんは「焼き芋の料理は砂糖控えめで甘さが出せるのと、焼き芋を買ってくればすぐに作れるので簡単に手作りの料理ができるところを推したい。」と話していた。

第4次焼き芋ブーム

第1次は「花燃ゆ」のころ。砂糖代わりに焼き芋がたくさん食べられていた。第2次は大正の初め。第三次は高度経済成長のころ、広くおやつ代わりに食べられていた。

今は第4次焼き芋ブーム。「イトーヨーカドー 食品館石神井公園店」のある店舗では2年前に焼き芋の販売を始め今では1日150~200本売れるヒット商品になっている。

その人気を支えているのが12年前に開発されてあ電気式自動焼き芋機。芋をひっくり返す手間がなく温度管理も簡単。1度に20本の焼きたてを提供、値段も抑えられる。

コンビニ「サークルK晴海センタービル店」ではレジの横に芋焼き機が。サークルKでは全国的に焼き芋販売の店舗を増やしていて現在1000店を超えている。

伝統的な焼き芋にも人気が集まっている。埼玉県川越市の「つぼやき 平本屋」ではツボの中で芋を焼いている。つぼやきは昭和のはじめに流行した焼き方で壺の中に芋を吊るして炭火で蒸し焼きにしていく。

全体にまんべんなく火が通り皮まで柔らかいのが特徴のつぼやき。多い日には1日500本売り上げるという。インターネットの口コミで人気が広がり宅配便で送ってほしいという注文が全国から続々と入る。

合わせて読みたい

Rの法則 電子レンジで美味しく焼き芋を作る方法/レシピ

マツコの知らない世界 キッチングッズ【イージーバター/シトラススプレー/オイルミスター/焼き芋/納豆】

NHKあさイチのポップオーバーレシピ

シェアする

関連商品