西加奈子おすすめ小説「青い眼がほしい」|あさイチ 3月13日

2015年3月13日(金曜日)放送のNHKあさイチ「プレミアムトーク 西加奈子」では、作家の西加奈子さんがおすすめの小説を紹介していました。

西加奈子おすすめの小説

トニ・モリスン著「青い眼がほしい」

西さんはこの「青い眼が欲しい」について「この本を読むまでは先生にこれが常識ですと言われたら、”はいそうですか”と受け入れる普通の生徒だったが、この本を読んでから初めて”どうして?”と思う気持ちが生まれた気がします。」

「アフリカアメリカンの女の子が白人のベビードールの人形をもらって可愛いでしょと言われたけど、その可愛さがわからなくて解体してしまうシーンがあって”ホンマや”と思った。高校生の時って可愛くなりたいって思ってたけど、私が思っている可愛さって私が抱きしめるべき可愛さなのか、誰かにこれが可愛いでしょって与えられたものじゃないのかって初めて気づいた。」

「それ以外にもすごく残酷な描写がたくさんあるが、その残酷さに至るまでの道筋をきちんと書かれている。今までは残酷な事件などがあっても”もうなんなん?許されへん”で終わっていたが、”どうして彼はこんなことしたんだろう”と初めて思うようになった。」などと話していた。

長嶋有著「問いのない答え」

窪美澄著「」アニバーサリー

ルース・オゼキ著「あるときの物語」

西加奈子さんはこれらの小説について「これらの本は3.11について少しであったり多大にまつわっている小説。彼らは彼らの全力の態度を表明している。だけどお全くこちら側に強制はしない。すごく開かれている。小説ってすごく上から書くことはできるのに彼らは限りなく登場人物のほぼ同じくらいの目線に寄り添って書いている人たち。ぜひ読んでください。」となどと話していた。

また読みたい本の探し方を教えて下さいという質問に対して、「本屋さんに行くとポップの置き方などでどの本に力を入れているがわかる。本屋さんの美意識を信じるというのはすっごくありだと思う。あれだけ読んでいる方たちがこれいいっていうんだから絶対面白いと思う。1冊読んでみて合わなかったら違う本を読んだらいいだけの話。書店員さんに聞くのもあり。」などと話していた。

合わせて読みたい

新垣結衣(ガッキー)おすすめ本「おかあさんとあたし。」

杏おすすめ本(小説)

宮崎あおいおすすめ本

ピース又吉おすすめ本

アメトークの読書芸人ピース又吉おすすめ本(小説)

小説を読んだ人の感想

問いのない答え

アニバーサリー

あるときの物語

青い眼がほしい

シェアする

関連商品