美味しいとうもろこしのゆで方&甘いトウモロコシの見分け方【NHKあさイチ】

2012年8月21日放送のNHKあさイチ「夢の3シェフNEO 夏だ!とうもろこしを丸かじり」で紹介されていた、おいしいとうもろこしのゆで方・ゆでとうもろこしの作り方&甘いとうもろこしの見分け方です。

番組では北海道共和町の農家・小野さんがシャキシャキなゆでとうもろこしの作り方を教えてくれていました。

甘いとうもろこしの見分け方

チェックポイント① 皮の色

緑色が濃くてツヤのある皮のとうもろこしのほうが、皮の色が薄いとうもろこしより甘い。

チェックポイント② 切り口

切り口が白くてみずみずしいほうが新鮮で甘い。

チェックポイント③ 実の色

実の色がが薄い黄色のほうが糖度がのっていて歯ごたえも丁度良い。

実の色が濃いとうもろこしは甘そうに見えるが、熟しすぎているので甘みが落ちているそうです。

シャキシャキで美味しいゆでもろこしの作り方

1
とうもろこしは、ゆでる直前に皮をむき、ひげをとる。
2
(1)のとうもろこしを入れた鍋にひたひたに水をはり、沸騰するまで強火で熱する。

ゆっくり熱を加えたほうが甘みが強くなる
3
沸騰したら、さらに3分ゆでて鍋から取り出す。
4
取り出したらすぐに5パーセントくらいの塩水(水1リットルに対して塩50グラム)につけ、粗熱がとれるまで1分ほど浸しておく。 

塩を入れた方が食感が良くなる

塩水で茹でたものは5分くらいすると実がしなびてくるが、真水でゆでたほうは、同じ時間たっても表面にツヤがありしなびてこない。

なぜこうしたことが起きるのかというと、塩水で茹でると塩分濃度の差をなくそうと、実の中の水分が外に流れ出ます。そのため実がしなびてしまい食感が失われるのです。

さらに番組ではトウモロコシを使った料理レシピを紹介していました。

NHKあさイチ!とうもろこしレシピ(冷製コーンスープ&とうもろこしごはんおにぎり)8月21日

この茹で方で茹でた人の感想等

シェアする

関連商品