ロコモに効く!レバーペースト&ロコモジュースレシピ・作り方【NHKあさイチ10月1日ダニエラ・シガ】

2012年10月1日放送のNHKあさイチ!「足腰を若く!40代からの“ロコモ”ケア」でダニエラ・シガさんが紹介したレバーペーストとロコモジュースのレシピ・作り方です。

レバーペーストレシピ

順天堂大学医学部教授の白澤卓二教授とともに研究しているダニエラ・シガさんがレバーを使ったレシピ・レバーペーストの作り方を紹介。
レバーは吸収サれやすい良質なタンパク質なので筋肉の生成に役立つ。またビタミンB6、鉄分が豊富でコラーゲンの生成を助けるので骨質の劣化を防ぐ役割があると考えられている。

レバーのペーストは骨と筋肉にいい役割を持っている。すぐ腸に入って早く栄養がカラダに伝わる

材料

  • 鶏レバー 200g
  • 牛乳 約100ml
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんじん 1本
  • マッシュルーム 2個
  • ローリエ 3枚
  • クローブ 適量7〜8粒
  • オリーブオイル 小さじ1/2
  • 水を切ったヨーグルト 大さじ1(量はお好み・生クリームでもOK)
  • 黒こしょう(粒)

作り方

(1)鶏レバーをバットに入れ牛乳をひたひたに注ぎ10分程つける

(2)10分たったら鶏レバーを取り出し表面の牛乳を軽くふきとる

(3)玉ねぎは半分に切りフォークで穴を開け、匂い消しの香辛料クローブを差し込む。にんじんは輪切りにする

(4)水をはった鍋にクロームをさした玉ねぎ・にんじん・マッシュルーム・ローリエ・黒こしょう(粒)・レバーを入れ10分程ゆでる。

(5)ゆで上がったレバーをすり鉢でつぶす。フードプロセッサーでもOK

(6)オリーブ油・水気をきったヨーグルトを加えてしっとりとしたペースト状にする

(7)最後に塩コショウで味を整えれば出来上がり。野菜などにつけていただく

ポイント

マッシュルーム・トマト・きゅうりなどにつけて頂く

マッシュルームのビタミンDはカルシウムの吸収を助ける。

トマトに含まれるリコピンは骨の老化を抑制する

きゅうりに含まれるミネラル・ケイ素はコラーゲンの生成を助ける

ロコモジュースレシピ

材料

  • いちじく 2個
  • りんご 1/2個
  • バナナ 1/2本
  • レモン 1/2個
  • ヨーグルト 大さじ2
  • ごまペースト 大さじ1

作り方

(1)材料を適当な大きさに切ってミキサーに入れ、レモンの果汁を絞って入れる

(2)ごまペースト・ヨーグルト・水を入れて滑らかになるまで混ぜれば出来上がり

ジュースなので手軽に栄養を取ることができる。

その他のロコモに関する記事

ロコモティブシンドローム予防&診断方法【NHKあさイチ10月1日】

シェアする

関連商品