コーヒーの効果効能:肝臓大腸がん&胆石&パーキンソン病&脳卒中&子宮体がん予防【NHKあさイチ10月15日】

2012年10月15日放送のNHKあさイチ!「もう一杯飲みたくなる! 主婦のためのコーヒー学」で紹介されていた、肝臓大腸がん&胆石&パーキンソン病&脳卒中&子宮体がん予防、死亡リスクが減少するコーヒーの効果と効能についてです。

元々コーヒーは薬として重用されていた

コーヒー豆が発見されたのはアフリカエチオピアの鉱山地帯。およそ6世紀頃と言われている。やがて、コーヒーイスラム社会へ伝わり、そこで薬として使われた。

西暦900年頃、アラビア人ノア医師が、コーヒーは強心作用や胃の消化利尿作用に効果があるとしてコーヒー豆を煮だした汁を患者に飲ませていたといいます。

そもそもは薬として重用されていた歴史を持つコーヒー。昨今その効能を裏付ける様々な調査結果が国内。そして海外から報告されている。

肝臓がん予防

がんの予防にコーヒーが力を発揮するという驚きの報告がある。

調べたのは日本の国立がん研究センターを中心とする研究班。40歳から60歳の男女およそ9万人を対象に10年間の発症率を追跡した大規模調査を実施。

その結果1日に5杯以上コーヒーを飲む人は肝臓がんの発症率が飲まない人の1/4にとどまると発表している。

1日のコーヒーを飲む量と肝臓がん発送率(飲まない人のガン発症率を1とした場合)

  • 飲まない…1
  • 1〜2杯…0.52
  • 3〜4杯…0.48
  • 5杯位状…0.24

大腸がん予防

大腸がんにも有効だという説がある。

岐阜大学院の永田教授によると、1992年8年間35歳位上の岐阜県高山市の住民およそ3万人への追跡調査を行ったところ、大腸がんの発症率がコーヒーによって抑制されているという結果が得られた。

岐阜県のコーヒーを1日1杯以上飲む人の大腸がん発症率(飲まない人を1とした場合)

  • 飲まない…1
  • 男性  …0.82
  • 女性  …0.43

胆石の予防

アメリカハーバード大医学部の研究グループは10年がかりに調査を実施。発表したのは胆のうに石がたまる胆石の予防効果。

1日2〜3杯のコーヒー飲む男性は飲まない男性に比べて、胆石になるリスクが40%も低くなるんだそうです。

パーキンソン病も予防

ハワイで30年に及んで行われた大規模調査では、コーヒーを1日800cc飲む人はパーキンソン病の発症リスクが1/5に低下するという結果が得られた。

子宮がん・脳卒中・死亡リスクにも影響

国立がん研究センターの研究では、1日3杯以上飲む人は飲まない人に比べて子宮体がんのリスクが60%減ったという調査結果がある。

ハーバード大の研究では、1日4杯以上コーヒーを飲む女性は飲まない女性に比べて20%脳卒中のリスクが減ったという結果がある。

アメリカの国立がん研究所の研究では、1日2杯以上コーヒーを飲む人は飲まない人の10%死亡リスクが減ったという結果があり、更に1日4〜5杯以上女性は飲まない女性に比べて死亡リスクが16%減ったという結果がある。

また日本でも1989年から10年以上5000人程度を対象として研究した結果、男性ではコーヒーを2杯以上飲む人は飲まない人に比べて死亡リスクが半分程度に減少するという結果が出ている。

その他のコーヒーに関する記事

ジョブチューン フレンチプレスで美味しいコーヒーの淹れ方&世界一のバリスタおすすめのコーヒー豆

シェアする

関連商品