コーヒーを飲む量が多いほどシミが少ない?コーヒーポリフェノールの効果効能【NHKあさイチ10月15日】

2012年10月15日放送のNHKあさイチ!「もう一杯飲みたくなる! 主婦のためのコーヒー学」で紹介されたコーヒーポリフェノールの効果や効能、シミ予防などについです。

コーヒーを飲む量が多い人ほどシミの量が少ないという調査結果が

肌の美しさとコーヒーの間に本当に関係があるのかを調査し「コーヒーポリフェノール摂取と肌状態の影響」という論文にまとめた、御茶ノ水大学教授の近藤和雄教授は、長年コーヒーの効能について調べてきたそうです。

調査対象はは30台から60台の女性131人。特殊な機会を用いてシミの量を測定しコーヒーを飲む量で違いがあるのかを調べた。
被験者には飲むコーヒーの量だけではなく日頃の食生活や運動量、生活習慣に至るまで緻密に調査コーヒー以外の要因を把握し、例外的な事例を取り除いた。

その結果コーヒーを飲む量が多いひとほどほどシミの量が少なくなるという結果が出た。

コーヒーに含まれるポリフェノールがシミを予防する

この結果を招いたと考えられているのが、近年コーヒーにも豊富に含まれてるとわかったポリフェノール。
言わずと知れたアンチエイジングに効き目バツグンのもの。ごぼうやほうれん草の他、お茶等の飲料にも含まれている植物の色素や苦味の成分。
90年台には赤ワインに豊富に含まれてると評判になりポリフェノール効果で若返り効果を図りたい女性の中で大人気となっった。

そもそもシミは肌に紫外線が当たることで生じるメラニン色素が沈着してできるものです。
メラニン色素が生み出される原因は紫外線が当たることで大量に発生する活性酸素にある。活性酸素が細胞を傷つけてしまうため、それを防ごうとメラニン色素が生み出せれ皮膚を守ろうとする。しかしこれが沈着するとしみになってしまう。

ところがポリフェノールが取り込まれていれば、その働きで活性酸素が取り除かれてしまうため、メラニン色素が作られることはなく、シミの予防になると考えられている。

100mlあたりのポリフェノールの含有量

  • 赤ワイン…230mg
  • コーヒー…200mg
  • 緑茶…115mg
  • 紅茶…96mg
  • ココア…62mg

その他のシミやシワに関する記事

NHKあさイチ!しわ・しみ・たるみの最新医療(PRP・トレチノイン療法・超音波タルミ治療マシン)6月25日
あさイチ!で紹介されたシミやシワの最新医療
43歳の美魔女水谷雅子のシワやたるみを予防するフルーツの食べ方&夏のフルーツの糖質量・1日の目安摂取量 イカさまタコさま7月25日
43歳の美魔女水谷雅子さんのフルーツの食べ方

NHKあさイチ アロエベラ(アロエステロール)の美肌効果&料理レシピ【12月1日】
アロエの美肌効果

ジョブチューン フレンチプレスで美味しいコーヒーの淹れ方&世界一のバリスタおすすめのコーヒー豆

美味しいコーヒーの淹れ方

シェアする

関連商品