おデブ芸人まあこが2ヶ月でモデルボディに!松井薫の脳を騙すダイエット松井流エクササイズの方法・やり方(腕立て・スクワット・体幹)どや顔サミット7月6日

2012年7月6日放送のフジテレビ・Oh!どや顔サミット2時間スペシャル・テレビ史上最大の大変身ビフォー・アフターSPでお笑い芸人のまあこさんが挑戦していた、松井薫さんの脳を騙すダイエット・松井流エクササイズのやり方・方法です。

番組ではお笑い芸人のまあこさんが、女性を見せる体に変身させるボディメイクデザイナーの松井薫さんの指導のもと、2ヶ月間でモデルボデイを目指すという企画が行われていました。松井薫さんは年間1700回ものレッスンを行うという超売れっ子トレーナーで、あの人気ゲームソフトWii Fitのトレーニング監修を担当務めた。
まあこさんは以前行ったダイエットで30キロの減量に成功したものの、現在の体重は70キロ。ウエストサイズは83センチ。
「ドヤ顔サミット」まあこ・ションリー式ダイエットの方法・やり方 4月13日

脳を騙すダイエット!松井流エクササイズとは?

松井流エクササイズで大事なことは脳を騙すこと。つまりイメージをすること。
松井流エクササイズでは筋肉と脳のつながりを重視。すべての筋肉は脳からの命令で動かされているため、その大元である脳に10キロのダンベルを持っているイメージを強く植え付ければ、何も持っていない状態でもそれと同等の効果が得られるといいいます。
すなわち、脳内のイメージをうまく活用して、短時間・少ない回数で効率的に体を鍛えるのが松井流エクササイズ。
番組では松井薫さんが誰でも究極のモデルボデイになれるという3つのエクササイズを紹介

脳を騙すモデルエクササイズ① 体幹を鍛える!

(1)両肘を床につけてうつ伏せの状態になる
(2)全身でアーチを作るような体制で1分間静止する
※この時脳の中では、落ちたら死ぬほど高い崖の上で、強く踏ん張って耐えている状態をイメージして行う。すると実際の負荷より体感が刺激され、お腹まわりが引き締まる
(3)この体幹エクササイズを1日1分5セット行う

体幹とはお腹まわり、背中・腰などの胴体の中心部で、あらゆる動作の基礎となる部分。ここがしっかりしていないと姿勢が悪くなり、お腹まわりに贅肉がたまりやすくなってしまう。
つまり体幹を鍛えれば姿勢が良くなり、シェイプアップにもつながるそうです。

脳を騙すモデルエクササイズ② スクワット

(1)足は肩幅より少し広めにスタンスをとり、両手を頭の上でしっかり組む
(2)この状態で息を吸いながらしっかりと腰をおろし、息を吐きながら上げていく
※このとき脳の中では、部屋の中で天井が落ちてきて、潰されないように押し返しているイメージで行う。そうすると実際の不可より足が刺激されより効果的なスクワットになる
(3)このスクワットを1日10回5セット行う
女性は内ももや後ろのももがセルライトなど、少したるみやすい部分なので、スクワットをするとすごく効果的

脳をを騙すモデルエクササイズ③腕立て伏せ

(1)背中に相撲取りが乗っているイメージで腕立て伏せを行う。女性は膝をついた状態で行う
(2)この腕立て伏せを1日10回5セット行う

食事

松井流エクササイズでは高タンパク・低脂肪を心がけていれば何を食べても構わない。(例:マグロの刺身・鯖の味噌煮・そばなど)
しかし夕食は枝豆200gのみを食べる。枝豆に含まれるサポニンという成分が脂肪の吸収を抑えるので、ダイエットにはもってこいの食材。

24時間ただジムトレーニング

24時間ただジムトレーニングとは、24時間日常生活の中で脳をだましたようなトレーニングを取り入れるというもの。

電車で二の腕シェイプ

日々の生活で電車に乗っている時、腰が反らないようにしっかりと立ち、電車の手すりを力いっぱい押す。
これは腕を鍛える運動で、自分が電車を動かしているイメージで手すりを押す。この運動はダンベルを使ったトレーニングと同じ効果があり、二の腕を鍛えることができる。

階段で美脚になる

日々の生活で階段を上る時は、姿勢を正して太もももを引き上げ、崖を登るイメージで階段を一段飛ばしで上る。背中が丸まらないように上る。
この姿勢で階段を上るのは、ジムでレッグカールという器具を使ったトレーニングと同じの効果があり、太ももとおしりを刺激して美脚効果が得られる。

その他にも歯磨き中に太ももシェイプ、机を押して二の腕シェイプなどがあるそうです。

まあこさんが2ヶ月間ダイエットを行った結果、体重は56.8キロ、ウエストは68センチまで減量していました。
さらにとても体調が良くなってすぐ寝れるようになったそうです。

まぁこ流ダイエット方法

またまぁこさんのオフィシャルブログ「まぁこのよろしく豚足ピース」にはまあこ流のダイエット方法や運動の方法が書かれていたので軽くまとめてみました。

朝ごはんの前にウォーキングをする

朝起きてコーヒーを飲んでからウォーキングをする。運動30分前にブラックコーヒー飲むと脂肪燃えやすくなるそうです。
アスファルトだと足を痛めやすいので公園などのウォーキングコースで、姿勢良く胸を張り、大きく手を振り、早歩きで大股で歩く様に心がる。
脂肪は20分以上、運動してから燃え始めるので少なくても20分以上は続ける。
朝ごはんの前にウォーキングすることで、余分なエネルギーが消費されるのでダイエットには効果的。

踏み台運動をする

段差を利用して踏み台運動を行う。
一分して30秒休憩の繰り返しを3回行い、慣れてきたら左足を上げる時は、右手を大きく上げて腰をひねる。※上げてる手を正面から横にひねる感じ。ウェストラインや足に効果的だそうです。

松井薫監修 1回5秒“ひねるだけ”ダイエット「スクイーズダイエットDVD」

シェアする

関連商品