ガラスペンの通販と値段【佐瀬工業所/深イイ話】

2012年8月20日放送の日本テレビ・人生が変わる1分間の深イイ話「ゲストが自腹でお買い上げ日本の名店SP」で紹介されていた、佐瀬工業所のガラスペンの通販と値段についてです。

佐瀬工業所のガラスペンとは

ペン軸もペン先もできているペンで、涼しげで上品な輝きを放つ。密かな人気で魅了された人も数多い。
作っているのは東京都台東区の佐瀬工業所。2代目佐瀬勇さん(76歳)はガラスペンを作り続けて56年。

昔はペンといえば万年筆だったが、高くて一般の人はなかなか買えなかった。それで安く作れないかということで風鈴屋さんが考えていたのが元なんだそうです。

佐瀬工業所は風鈴屋さんが考えたガラスペンを日本で唯一継承している。

ガラスペンの作り方

持ち手の部分は、断面が花の形のガラス棒をおよそ1000度の炎で熱し、回転させながら模様を作る。
ペン先の部分は同じようにガラス棒を熱し、適度に溶けたところを見計らって一気にまっすぐ引き伸ばす。こうすることでペン先がとがる。

これができるようになるには10年はかかるようです。

ガラスペンの特徴

ペン先には溝が8本あり、ペン先をインクに浸すとインクをすいあげる。これは毛細管現象といい、液体が細い管に吸い込まれる作用を利用している。

インク一付けで数十メートル書くことができる。実際に書いてみると31メートルも書くことができた。
8本の溝から少しづつインクが出るため書きむらがなく、優しく温かみのある書き心地。
人によって書きぐせがあるため買った時にペン先を削って調整してくれる。

ガラスペンの通販と値段

ガラスペン オリジナルひねりは31500円。ソフトひねり(サーモンピンク)は6825円。ミニひねり(グリーン)は3675円。

佐瀬工業所のページから通販で購入できるそうです。
http://www7.ocn.ne.jp/~glasspen/

阪急うめだ本店の催しに佐瀬工業所さんがいらっしゃっていたので、寄ってきました。色も形も太さもバラエティ豊かで目移りしましたが、このピンクから紺色に色変わりしているものに引き寄せられました。

@chicachubbが投稿した写真 –

シェアする

関連商品