深イイ話!線維芽細胞を使ったシワとほうれい線の再生医療の料金【11月5日 長谷川充子

2012年11月5日放送の日本テレビ・人生が変わる1分間の深イイ話「最新医療女医のお仕事SP」では再生医療科の長谷川充子先生(43歳)さんが線維芽細胞を使ったシワとほうれい線の再生医療について解説していました。
長谷川さんの父親は10代続く循環器内科医で、母親も16代続く医者の家系に育つ医者一族。
長谷川さんも大阪再生医療センターで、誕生してまだ6年という再生医療科に勤務している。

若線維芽細胞を使ったシワとほうれい線の再生医療り療法

そもそもシワとはコラーゲンを作りだす線維芽細胞が減ることでくぼんでしまう状態。そこにに新たな線維芽細胞を補充することでシワが目立たなくなる。
補充は自分の口の中から細胞を取り出し、そこから線維芽細胞だけを抽出て増やす。
増えた線維芽細胞だけを集め、これをシワのくぼみに沿って注入することでシワが目立たなくなる。
料金はほうれい線と目の下に注入した場合約160万円。(料金は注入線維芽細胞の量によって変わる)
また採った細胞は月7000円で冷凍保存しておくことができる。ちなみに線維芽細胞はいま話題のiPS細胞を作るもとになっているそうです。
番組では実際に口元のシワを再生医療でなくした60第後半の女性を紹介。10際は若返って見えていた。

シェアする

関連商品