鶏つくねのごぼう鍋レシピ&作り方【はなまるマーケット 笠原将弘料理長】

2012年11月26日放送のTBSはなまるマーケットでは恵比寿の日本料理店「賛否両論」の笠原将弘料理長が鶏挽き肉を使ったレシピを紹介していました。

笠原将弘料理長の鶏つくねのごぼう鍋レシピ

材料(分量4人分・つくね30個分)

  • ごぼう 1本
  • 水 1200cc
  • だし昆布 5g
  • 醤油・味醂 各大さじ4
  • 万能ねぎ・柚子の皮 各適量

★つくねの材料

  • 鶏挽き肉 500g
  • 玉ねぎ 中2個
  • 卵 1個
  • 塩 小1/2
  • 砂糖・醤油・片栗粉 各大さじ1

作り方

(1)鍋に水・醤油・味醂・だし昆布を入れて沸騰させておく。

(2)玉ねぎはすりおろし、布巾等で包んでしぼり水気をしっかりと切る

(3)ボウルに(2)の鶏ひき肉・卵・塩・砂糖・醤油・片栗粉を入れ白っぽく粘りが出るまでしっかり練り生地をつくる。

(4)(1)からだし昆布を取り出し、(3)の生地を一口サイズに手とスプーンで丸めながら鍋に落とし、中火で3分ほど加熱する。

(5)3分ほど加熱したら、ささがきにして水に晒したごぼうを加える。

(6)つくねが浮いてきたら、万能ねぎ・ゆずの皮を散らして出来上がり。

ポイント

鍋にすると旨みもスープとして出るのでおすすめ。

玉ねぎをすりおろして鶏ひき肉に加える。玉ねぎの甘味と旨みがひき肉と合わさるとすごくおいしくなる。みじん切りの玉葱と違いすりおろすとひき肉と一体化する。

水分にタマネギの苦味・エグ味・辛味などがすべて入っているのでしっかりと水気を切る。

鶏挽き肉は胸を使うとあっさりめに仕上がる。もも肉と胸肉を両方混ぜるなどお好みでOK

混ぜるときは手で空気を入れるようにしっかりと練る。空気を含んでひき肉が 空気を含んだまま固まるのでふんわりと仕上がる。

鍋はあまりぐらぐら煮立てるとツクネの表面が荒くなってしまうので、ことこと煮立つくらいでOK。

鶏つくねの保存法

鍋に水・だし昆布・塩を加えて煮立て、丸めたつくねを加えて3〜4分茹でる。

冷蔵庫で3〜4日・冷凍庫で1ヶ月保存可能。

鶏肉は肉の中で一番水分量が多いので傷みやすい。火を入れて保存すれば日持ちする。

番組では鶏つくねの活用レシピを紹介。

照り焼き一口ハンバーグレシピ

材料(分量2人分)

  • 鶏つくね 10個
  • 鮭 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 水 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1

作り方

(1)油(分量外)をひいたフライパンに茹でた鶏つくねを加え、焼き色が付くまで強火で2分ほど加熱する。

(2)(1)に水・醤油・みりん・酒・砂糖を加えて弱火にして2分ほど煮詰めれば出来上がり。

鶏つくねの肉詰めいなりレシピ

  • 材料(分量2人分)
  • 鶏つくね 12個
  • 油揚げ 3枚
  • だし 2カップ
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1

作り方

(1)油揚げを半分に切り口を広げ、茹でた鶏つくねを2個ずつ詰めたら粗く潰し、口を折りたたむ。

(2)鍋に(1)の油揚げの閉じ目を下にして並べ、だし・醤油・みりん・砂糖・を加えて落し蓋をして弱火で10分煮れば出来上がり

その他の笠原将弘さんのレシピ

笠原将弘の鶏つくねとキノコのスープレシピ&作り方【ウチゴハン9月16日】
ウチゴハンで紹介していた鶏つくねときのこのスープレシピ

笠原将弘の鶏肉の梅ダレ焼きレシピ・作り方 笑顔がごちそうウチゴハン7月15日
同じくウチゴハンで紹介していた鶏肉の梅ダレ焼きレシピ

笠原将弘料理長のツナ缶茶巾卵のあんかけレシピ&作り方【ウチゴハン11月11日】
ツナ缶を使った茶巾卵のあんかけレシピ

シェアする

関連商品