超つゆだく焼きそばレシピ・作り方 北杜市の山梨県民ヒミツのごちそう成駒屋 秘密のケンミンショー7月12日

2012年7月12日放送の日本テレビ・秘密のケンミンショー(SHOW)で紹介されていた、北杜市に住む山梨県民のヒミツのごちそう・成駒屋の超つゆだく焼きそばのレシピ・作り方です。

山梨県民の土屋裕一さんによると、北杜市に住む山梨県民は超つゆだくの焼きそば大好きなんだそうです。
3000メートル級の山々に囲まれた山梨県北杜市には、一店舗しかないにも関わらず県民の心のごちそうになっているという、汁がひたひたでおつゆたっぷりのソース焼きそば・超つゆだく焼きそばというものがあるそうです。
そのお店の名前は成駒屋といい、名代焼きそば(大盛り)800円という商品名で売られているそうです。

山梨県民のヒミツのごちそう!超つゆだく焼きそばレシピ

材料

  • 砂糖
  • 醤油
  • 玉ねぎ
  • 豚肉
  • キャベツ
  • ラーメン用の生麺
  • 鶏ガラと野菜のスープ
  • ウスターソース

作り方

(1)砂糖と醤油で玉ねぎ、豚肉を甘辛く煮込み一晩寝かせる
(2)ざく切りにしたキャベツをフライパンで炒め、さらに豚肉の煮物を加えてさっと炒める
(3)鶏ガラと野菜のスープを大量に入れる
(4)ラーメン用の生麺をゆで、フライパンに加える
(5)ウスターソースをたっぷりかけて混ぜあわる。
(6)器に麺が伸びにくいように具の上に麺を載せるように盛り付ければ完成。

お客さんによると成駒屋で焼きそばを食べるのは当たり前で、普通か大盛りを選ぶかだけとのこと。さらにご飯とスープがついてくる定食もあり、お持ち帰りも可能だそうです。

つゆだく焼きそばの誕生秘話

成駒屋のご主人橋下和彦さんによると、このつゆだく焼きそばは45年ほど前に誕生したそうです。
成駒屋では、焼きそばは蒸し麺ではなく生麺を使っているので、湯でなければいけない。しかしだんだん忙しくなっていくと、湯切りがおろそかになってしまった。
そしたらお客さんがその焼きそばを食べた時に、「この焼きそばサラサラしてて食べやすくていいよ」と言ったので、それでやってみるかということになり、始めたそうです。

シェアする

関連商品