岩手県大船渡市のなべやきレシピ/作り方【秘密のケンミンショー】

2014年11月13日(木曜日)放送の日本テレビ・秘密のケンミンSHOW(ショー)では、岩手県民のヒミツのごちそうとしてなべやきが紹介されていました。

大船渡市周辺に住む岩手県民は「鍋」でも「うどん」でもないお菓子「なべやき」が大好き?

なべやきとはうどんでも鍋でもない岩手県のおやつ。黒糖と小麦粉で作り、和風ホットケーキのようだが、フワフワしているのではなくもちもちしているんだそうです。

大船渡市周辺ではなべやきといえばこのお菓子のことをいうとのこと。

またなべやきにはコクのある黒砂糖タイプとあっさりとした白砂糖タイプがあるそうです。

なべやきの作り方

秘密のケンミンショー 岩手県大船渡市のなべやきレシピ/作り方【11月13日】

材料

  • 小麦粉
  • 黒砂糖
  • 黒糖
  • お湯

作り方

1
ボウルに小麦粉を入れ、黒砂糖をたっぷり入れて混ぜる。さらに固形タイプの黒糖も追加し、少しずつお湯を加えて混ぜる。
2
【1】の生地ををフライパンで焼けば出来上がり。

昔はフライパンがないので、鍋で焼いたからなべやきというのだそです。

生地の中にりんごや、かぼちゃ、くるみ、ウインナーなどを入れてもOK。

なぜなべやきが食べられるようになったのか

大船渡市食生活改善推進員団体連絡協議会会長の川原智子さんによると、「なべやきは大正時代には家庭料理として食べられていると言われている。大船渡は比較的水田が少なく、大麦や小麦の生産が多く、小麦を使った食文化が発達していった。昔は砂糖が効果だったので、小麦粉と水で作ったシンプルなものをおやつというよりも主食で食べていた」そうです。

実際に作ってみた人のツイート

なべやき☆岩手故郷のおやつ by きゃなぇ [クックパッド]

パット見…土星?!とか思うねw これはうちの地元の郷土料理#なべやき 小麦粉と黒糖と水を混ぜて焼くだけwww でも中々配合が難しい。 そして、我が家には祖母から受け継いだなべやき用の鍋があります。 年季入ってるやつ。 その鍋でオカンが作ってくれた( ˙ϖ˙ ) さて、食べよ。

めるち☆さん(@meru1120)が投稿した写真 –

この間、ケンミンショーでやってた、岩手県の#なべやき 適当に真似して作ってみました。 小麦粉と砂糖と水だけで、簡単に作れる! 子どもにも安心して食べさせられるし、美味しい(^o^) 中にフルグラ入れてみたら、goodでした~(*^^*)

Kaoriさん(@k7e1s8s9)が投稿した写真 –

昨夜ケンミンショー見た子供達が絶対食べたいから作って!!!!って。 「なべやき」と言うそうだね。 小麦粉と黒砂糖と水を混ぜて焼いただけの超シンプルおやつ? こんなんうまい訳ないやろて思いながらかじってみたらうまいじゃないか! さっきまでナメてた自分、なべやきに謝れww #なべやき #ナメてましたすいませんでした

ERI☆゜さん(@minty_puu)が投稿した写真 –

シェアする

関連商品