絶対に失敗しない土鍋!フタがガラスのご飯釜の通販【ヒットの泉10月14日】

2012年10月14日放送のテレビ朝日・ヒットの泉「この秋大ヒット絶対に失敗しないごはん土鍋」で紹介されていた、HARIO株式会社のフタがガラスのご飯釜の通販情報などについです。

絶対に失敗しない土鍋!フタがガラスのご飯釜

美味しいご飯が食べたいとブームになっているのが土鍋。ご飯がふっくら炊けるが火加減や時間調整が難しく失敗してしまうことも多い。しかし昨年絶対に失敗しない土鍋、フタがガラスのご飯釜(7350円)が登場し大ヒット。昨年10月発売から1年間で2万個売り上げたという人気の土鍋。
楽天やアマゾンなどの通販などでも購入ができる。

フタがガラスのご飯釜の使い方

(1)研いだお米に水を入れてフタをして点火して強火にするだけ
(2)7分ほどするとピーと音がするのでその時に火を止める
(3)火を止めて15分間蒸らせば完成

なぜ強火にしても焦げないのか?

秘密は土鍋の肉厚とガラスのフタにある。
一般的の土鍋の厚さは5mmから6mmだが、フタがガラスのご飯釜は倍以上の13mm。通常よりも底を分厚くすることで、最初から強火にしても中には弱火程度の熱しか伝わらないため、はじめちょろちょろの状態に。しかし一旦中に熱が入ると、肉厚の土鍋がその熱を逃さず高温に保つため、一気に火力が上がりおいしく炊き上がる。
また高さのあるフタが上がってくる泡を冷やし、吹きこぼれを防ぐ。

ガラスメーカーの技術で作ったご飯釜

番組では東京人形町にあるHARIO株式会社で、フタがガラスのご飯が魔を開発した松林聡さんがフタがガラスのご飯釜について解説していました。
松林さんが務めるHARIO株式会社は戦前耐熱ガラスメーカーとして誕生。今も国内で使うビーカーやフラスコの50%以上を生産している。この技術を生かして昭和32年コーヒーサイフォンを販売。昭和40年には日本初の耐熱性麦茶容器を開発して大ヒット。そんなガラスの技術を生かして作ったのがフタがガラスのご飯釜なんだそうです。

シェアする

関連商品