消臭袋(生ゴミ&おむつ用)の通販【ヒットの泉10月21日】

2012年10月21日放送のテレビ朝日・ヒットの泉「嫌な生ゴミの臭いを閉じ込める究極のゴミ袋」で紹介されいた消臭袋(キッチンの生ゴミ用&赤ちゃんのおむつ用)の通販情報についてです。

嫌な生ゴミの臭いを閉じ込める消臭袋

キッチンの生ゴミの袋から漏れ出る嫌な匂い。そんな嫌な匂いを消してくれるのが消臭袋(キッチンの生ゴミ用:262円)。
見た目は普通のゴミ袋だが袋自体に消臭機能がついている。赤ちゃんのおむつ用や、ペット用なども販売され、4年間で120万パックの大ヒット。
実際に普通の袋と、消臭袋に生ゴミを入れて密閉容器に1時間位れた後に、ニオイセンサー(数値50以下でほぼ無臭)で計測するという実験を行った結果、普通の袋の場合は182(駅のトイレと同じ臭いの強さ)。消臭袋の場合は58とほぼ無臭だった。
アマゾンや楽天などの通販で購入することができる。


なぜ臭いがもれないのか?

消臭袋を開発したのは山梨県にある株式会社マルアイ。創業以来124年祝儀袋の販売日本一を誇る会社。
マルアイは包むをコンセプトに様々な包装製品を作る会社。4年前まではゴミ袋を作っていなかった。赤ちゃんの紙袋の嫌な臭いがきっかけで、袋自体に消臭機能をねりこんだ。
アルミニウム・カリウム・酸化亜鉛・酸化カルシウムなどが、様々な腐った食品の臭いを分解している。これが消臭袋が臭いを消す秘密。
これらの金属の消臭剤あとポリエチレンを混ぜあわせ、エンツで溶かし筒状にして消臭袋が作られる。

シェアする

関連商品