大豆+ご飯は不眠症とうつ病予防に効果的?トリプトファンとグルコースの効能【ホンマでっかTV11月28日 おおたわ史絵】

2012年11月28日放送のフジテレビ・ホンマでっかTVのホンマでっか!?レストランのコーナーでは、おでんが取り上げられ、おおたわ史絵先生が大豆と不眠症の関係について解説していました。

大豆はトリプトファンが豊富に含まれている

おおたわ先生によると大豆はトリプトファンというアミノ酸がすごく豊富に含まれていて、タンパク質の王様チーズの約4倍含まれている。
さらにおでんのだしのカツオもチーズの約3倍トリプトファンが含まれているので、カツオと大豆の組み合わせは不眠症に効果的なんだそうです。

大豆とご飯を一緒に食べるとより効果的

また脳科学の澤口先生によると、トリプトファンはご飯(グルコース)を一緒に食べるとより効果的なんだそうです。
つまり昔の日本の朝ごはん(納豆+ご飯+味噌汁)はうつ病と不眠症予防に効果的なんだそうです。

シェアする

関連商品