いっぷく サバの味噌煮レシピ【11月13日 志村幸一郎】

2014年11月13日(木曜日)放送のTBS・いっぷく「出張”極ウマ料理人」では天ぷら小野主人の志村幸一郎さんが、さばの味噌煮のレシピを紹介していました。

さばの味噌煮レシピ

いっぷく サバの味噌煮レシピ【11月13日 志村幸一郎】

材料(2人分)

  • さば(切り身)…200g
  • 塩…適量
  • 酒…50cc
  • おろし生姜…20g
  • 片栗粉…大さじ2
  • たまねぎ…1/2こ
  • サラダ油…小さじ2
  • 水…400cc
  • バター…10g

★合わせ調味料

  • 酒…25cc
  • みりん…20cc
  • 醤油…25cc
  • 味噌…25g

作り方

1
サバに塩をまぶして10分置いておく。10分置いたらキッチンペーパーで水分を拭く。

塩をすることで臭みのある水分が出る。
2
酒とおろし生姜の半量(10g)を混ぜ、【1】のさばにすり込んで5分ほど置き、表面の酒や生姜を拭き取る。

しょうがは身が本来持っている青臭さを消す効果がある。酒は身をふっくらさせ臭み消しの効果もある。
3
サバの全体に片栗粉をまぶす。★合わせ調味料の材料(酒・みりん・味噌・醤油)を混ぜて合わせ調味料を作る。

片栗粉をまぶすことでサバの味噌煮に必要なとろみも付き、ふんわりと美味しく仕上がる。
4
フライパンにサラダ油をしき、輪切りにした玉ねぎを中火で焼く。焼き色がついたら裏返し、サバを加えて焼く。

玉ねぎの甘味が砂糖代わりになる。優しい甘みを生かして美味しくなる。サバを焼くことで旨味を閉じ込める。
5
サバに焼き色がついてきたら合わせ調味料・水を加え、落し蓋をして強火で5分間煮込む。一旦ふたをあけておろし生姜(10g)を加え、中火で5分間煮込む。

生姜を長時間煮込むとえうみの原因になるので、少し経ってから入れる。
6
火を止めてバターを加えて混ぜれば出来上がり。

バターで油分としっとり感をプラスし、より箸が進む味わいに。

その他のサバの味噌煮レシピ

めざましテレビのサバの味噌煮レシピ|中条あやみのグルメ~じん

吉岡英尋の鯖(サバ)の味噌煮レシピ&作り方

シェアする

関連商品