肩こりを改善する新聞紙体操のやり方/方法【たけしの家庭の医学12月18日 金憲経】

2012年12月18日放送のテレビ朝日・たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学3時間スペシャル「47都道府県気になる病ランキング 健康&長生きの秘密解明SP」では、筋肉の老化・予防研究の第一人者、東京都健康長寿医療センター研究所の金憲経さんが山形県民に学ぶ肩こり改善法として、家庭でできる新聞紙体操のやり方・方法を紹介していました。

肩こりを改善する新聞紙体操のやり方

(1)新聞紙を縦にくるくると丸めて両端を持つ。

(2)両端を盛ったまま頭の上から背中に通す。

(3)そのまま左側に倒し、続いて逆方向に倒す。

(4)頭を少し前に曲げ、両腕を真上に伸ばして戻し、もう一度真上に伸ばす。

(3)この体操を3回×1セット行う。。スピードの強弱をつければより効果的。

新聞紙の長さは大体55センチ。この長さを両手で持つと筋肉の伸縮に丁度良い。

この体操を続けることによって肩の周りの筋肉(僧帽筋・肩甲挙筋)が柔らかくなり肩こりが改善に繋がる。

※肩に痛みのある方は無理に行わない。

Twitterの反応

その他の肩こり解消法

あさチャン 肩こりのタイプの見分け方と解消法/必要な睡眠時間

シェアする

関連商品