コーヒーの糖尿病予防効果&効果的な飲み方【たけしの家庭の医学1月29日】

2013年1月29日放送のテレビ朝日・たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学では、東京医科大学主任教授の小田原雅人先生がコーヒーの糖尿病予防効果について解説していました。

コーヒーを沢山飲んでいる方は2型糖尿病の発症が少ない

コーヒーは嗜好品なので、以前は健康に悪いんじゃないあkとよく言われていたが、アメリカを始めとした前向きコホート研究という疫学的研究が次々に発表され、コーヒーを沢山飲んでいる方は2型糖尿病の発症が少ないということが分かった。

2005年世界一の疫学調査能力を誇るというハーバード大学が発表した研究結果(全米の男女およそ12万人の健康状態と食生活の関連を18年間にわたり追跡調査したもの)によると、1日にコーヒーを一定以上飲む人は全く飲まない人に比べ、女性で30%少なく、男性で50%少ないという事実が明らかになった。
コーヒーに糖尿病予防効果【たけしの家庭の医学1月29日】
それだけではなく、コーヒーと糖尿病について研究した400編以上の医学論文の多くがコーヒーは糖尿病を予防するとの結論を導いている。

クロロゲン酸がインスリンの働きを活性化する

クロロゲン酸とはコーヒーに特に多く含まれているポリフェノールの一種。このクロロゲン酸が血液中の糖分の利用を促すインスリンの働きを活性化。それによって血液中の等分が利用され、血糖値が下がると考えられている。

クロロゲン酸の量ははコーヒーの種類には関係ない

10年以上コーヒーの成分について研究しているネスレ日本の福島洋一さんによると、クロロゲン酸は、缶コーヒー・インスタントの種類にかかわらず同じくらい含まれているそうです。

1日5〜6杯以上飲む人にかなりの糖尿病予防効果がある

世界で行われているコーヒーと糖尿病の関係を調べた調査では1日5〜6杯以上飲む人にかなりの糖尿病予防効果があるという結果が多数でていた。

1日数杯ちょこちょこ飲むのが効果的

番組では2人の被験者にコーヒーを飲んでもらい、食後血糖値の上がり方を見る実験を行った。
1日に同じ量(450cc=普通のカップ約3杯分)のブラックコーヒーを、少しずつ何度も分けて飲む方と、食前だけ3回飲む方で血糖値の変化にどのような差が出るかを調査。

何度も分けて飲んだ方は、血糖値の上がり具合は以前と変わらないが全体が低く推移していた。
コーヒーに糖尿病予防効果【たけしの家庭の医学1月29日】
食前に飲んだ方は、食後の血糖値の下がり方が急になった。これは直前に飲んだクロロゲン酸が1時間を超えた当たりから効き始めたためだそうです。
コーヒーに糖尿病予防効果【たけしの家庭の医学1月29日】
また食後に同じ量を3回飲パターンは、全体的に低く抑えられていた。
コーヒーに糖尿病予防効果【たけしの家庭の医学1月29日】
実験の結果、食事の前後を含め1日数杯ちょこちょこのめば、血糖をより効果的に抑えられる可能性があることがわかった。

1日6〜7杯程度までを目安に飲み過ぎには注意する。また糖尿病予防のためには砂糖は入れないほうが良い。

AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg

AGF
売り上げランキング : 51

Amazonで詳しく見る

その他のコーヒーに関する記事

ジョブチューン フレンチプレスで美味しいコーヒーの淹れ方&世界一のバリスタおすすめのコーヒー豆

シェアする

関連商品