園山真希絵のダイエット「金スマ」 5月11日

2012年5月11日放送のTBS中居正広の金曜日のスマたちへで紹介されていた園山真希絵さんのダイエットについてです。

園山真希絵さんは高校2年生の時身長160センチで68キロあったが現在は40キロまでダイエットに成功している。そのマイナス25キロの奇跡のダイエットとは?

日々食べ歩きをしているにもかかわらず40キロの体重をキープしている園山真希絵さんだが、中学生時代から体重増加が加速していった。その原因はファストフードが好きだったことにあった。

母の料理には手を付けずハンバーガーやドーナツを買って食べていたそうです。その結果中学3年生で64キロになり同級生にデブとバカにされていた。

このままでは恋もできないと感じ、リンゴダイエットやゆでたまごダイエット、バニラアイスダイエットなどに挑戦したが、夜になるとお腹が空いてしまい夕食も食べてしまった。

そのころ暴飲暴食や受験ストレスで顔中にニキビやアトピー性皮膚炎を発症。
高校に進学しても肥満・ニキビ・アトピーは続き体重は65キロに。

高校3年生の時に豆ダイエットの本に出会う。豆類には炭水化物や脂肪を分解するために必要なビタミンB郡が多く含まれ、豊富な食物繊維により便通も良くなり、さらにお肌の健康を保つビタミンEや亜鉛もふくまれているのでダイエットにはぴったりな食材だそうです。

園山さんは豆をハンバーグやカレーライス・ピラフなどに入れて食べていたそうです。

豆類には良質なタンパク質を含んでいるので肉の代わりになり、栄養の偏りが出てしまうこともないとのこと。

そして、1年間豆の料理を食べ続けた結果16.5キロのダイエットに成功。しかもニキビやアトピーもでなくなったそうです。

シェアする

関連商品