バイキング|銀行でローンが組みやすくなる5つの方法。審査に通りやい・落ちやすい人の特徴

2015年6月11日(木曜日)放送のフジテレビ・バイキング「ひるたつ」では、大手銀行に25年間勤務し支店長にまで上りつめた菅井敏之さんが銀行でローンが組みやすくなる方法を紹介していました。

菅井さんの著書「お金がたまるのはどっち?」は40万部をのベストセラーに。現在は家庭から不動産まで幅広くを行うお金の達人。

銀行でローンが組みやすくなる方法

住宅や車の購入、子供の学費などまとまったお金が必要な時に助けてくれる銀行。

菅井さんいわく、同じ会社で同じ収入の人、社会的な信用度が同じでも借りられる金額は違ってくれる場合がある。個人的な信用というのは私たちが気にしていないようなところで判断している。

5位 収入と支出を把握する

これはお金の管理の基本。お金の管理ができていない人に銀行はお金を貸しにくい。

「どういうお金の使い方をしているのですか?」と聞かれて、何に今月使ったのかとわかっていない人は、銀行から見て管理できていないと思われて貸しにくい。

「収入も支出も管理できるか」は融資の判断ポイント。

4位 スマホの分割払いの状況もきちんと報告する

銀行がお金を貸したくない人はうそをつく人。

借金を隠してお金を借りようとする人もいるが、個人信用情報機関というところに照会すれば借金の情報はすべてわかってしまう。

銀行はスマートフォン機種代金の分割払いの状況も分かる。このスマホの分割払いは借金と同じ。

これくらいの報告漏れは見逃すケースも多いが、借金として自ら報告すれば信用が上がる。

3位 親と同じ銀行に口座を作る

銀行はお金を貸す時に、その人個人単体で見るわけではなく親と連結で見る。

例えば、3000万円希望しても2500万円しか借りられない人も、親の信用状況を加味して3000万円借りられる場合もある。

ゼロから信用を積み重ねるるよりも親の信用を引き継ぐほうが銀行も融資しやすい。

2位 クレジットカードは2枚にする

クレジットカードにはクレジット枠とキャッシング枠がある。

キャッシング枠は使っていなくても、銀行はいつでも借金できる状態にあると考える。

枚数が少なければ問題ないが、枚数が多いほどキャッシング枠は多くなり銀行からの信用は下がりやすい。

本来4000万借りられる人が、キャッシング枠がたくさんあるがために、3500万に減額されるというようなことがある。

買い物するときに使う基本の1枚と、使えない時用の1枚の計2枚がおすすめ。

1位 毎月積立預金をする

銀行が優先で見るのは額ではなく頻度と正確さ。

その日に500万もってきてお金貸してくださいという人と、10年前から毎月4万円ずつきちんと積立をして500万円貯めて人では、積立をした人のほうが借りやすい。

毎月預金をするということは、お金だけではなく信用も積み立てている。

銀行ローン審査に落ちやすい人の特徴

派手な腕時計をしている人

資産形成の途中にいるような人が派手な腕時計をしていると、浪費癖があると疑われやすい。

銀行員との会話で横文字を使う人

横文字や専門用語を使い、胡散臭い印象を与え評価を下げる恐れがある。

文字が汚い人

最終的に融資を決めるの上司は書類を見て判断するので、文字が汚いと審査が厳しい。

ヘタでもいいが丁寧に書くのが重要。

シェアする

関連商品