マツコの知らない世界 おすすめトイレットペーパーベスト5【11月11日 十河利光】

2014年11月11日(火曜日)放送のTBS・マツコの知らない世界「マツコの知らないトイレットペーパーの世界」では、トイレットペーパー問屋社長の十河利光さんが、おすすめのトイレットペーパーベスト5を紹介していました。

十河さんは家庭用から約3倍のジャンボロールまであらゆる種類のトイレットペーパーを扱い、これまでに400種類以上を使用し、日々研究を続けているトイレットペーパーのプロ。

そんな十河さんが世界最高レベルの日本のトイレットペーパーの中から明日絶対買ったほうが良いおすすめベスト5を発表。

明日絶対買い!おすすめトイレットペーパーベスト5

1位:クリネックス(日本製紙クレシア) 398円(税別)

クリネックスの紙はパルプ100%。木の繊維だけで作られた上質な神なので柔らかくて気持ちが良い。

さらに芯にアンモニアの消臭機能があるのでトイレ内の匂いを軽減できる。

2位:白檀の香り(四国特紙) 926円(税別)

白檀というのは香木と言って心地よい香りがする貴重な木。リラックス効果があると言われているので、トイレに置くだけで芳香剤の効果がある。

3位:アミティソフト180(丸富製紙) 650円(税別)

このアルミティソフトは重さが通常のロールの3倍ある。特殊なプレスでぎっちり巻いてあるので、ロールは通常の厚さと変わらないが、180mある。通常のトイレットペーパーは60m。

6ロール入りなので1080m。1人で使用すれば約140日くらいもつ。

4位:シャワートイレのために作った吸水力が2倍のトイレットペーパー(日清紡) 369円(税別)

このトイレットペーパーの売りはスーパーWエンボス加工。エンボス加工とはトイレットペーパーを柔らかくするため、紙をでこぼこにさせる加工のこと。

紙の両面のエンボス加工をつけることで、厚みが1.3倍、吸収力が2倍になった。

5位;フィットイン(アズフィット) 参考価格228円(税別)

できるだけ安いものがほしいという方におすすめ。

トイレットペーパーの平均価格は1ロール25円、12ロールで300円。フィットインは1ロール19円、12ロールで228円。

安いからといって品質が悪いというわけではない。

シェアする

関連商品