加賀田京子シェフの冷凍餃子のパイ包み焼きポルチーニソースレシピ&作り方【ガチガセ11月2日】

2012年11月2日放送の日本テレビ・ガチガセ「ガチガセレストラン~身近食材をアレンジせよ」で、Bistoroあおい食堂のフレンチシェフ加賀田京子さんが作っていた冷凍餃子のパイ包み焼きポルチーニソースのレシピ・作り方です。

加賀田京子シェフの冷凍餃子のパイ包み焼きポルチーニソースレシピ

加賀田京子さんは世田谷にあるBistoroあおい食堂のシェフで中華の鉄人陳建一さんを初めて撃破した女性シェフ。

材料

  • 冷凍餃子 2個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • マッシュルーム 4個
  • トマト 1/4個
  • 冷凍パイシート 100g
  • ホワイトソース 60g
  • 白ワイン 30cc
  • 卵黄 1個
  • 有塩バター 大さじ1/2
  • 黒コショウ・塩 適宜
  • ピザ用チーズ 適宜

★ソースの材料

  • 牛すじ 150g
  • 甘口赤ワイン 300g
  • 赤ワイン 200g
  • ニンジン 1/2個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • セロリ 1/2個
  • バター 小さじ2
  • にんにく 一片
  • タイム・ローリエ 少々
  • 塩 少々
  • オリーブオイル 適宜

★サラダの材料

  • ルッコラ・プチトマト・ポルチーニ茸 ※ポルチーニはエリンギなどでもOK。乾燥のものを水で戻して使用してもOK。

作り方

(1)玉ねぎはみじん切り、マッシュルームはスライスし、トマトは種を取って小さめのさいの目切りにする。
(2)鍋にバターを入れて、マッシュルーム・玉ねぎをソテーする
(3)さらに白ワインを入れて、水分がなくなるまで煮詰める。
(4)そこへホワイトソース・トマトを加え一煮立ちさせ、塩味を調える。
(5)パイシートの上に冷めたホワイトソースをひき、チーズをのせ、その上に冷凍餃子をそのまま置いて、さらにホワイトソースをたっぷりかける。さらに黒コショウ、チーズをたっぷりかけてパイシートで覆う。
(6)卵黄を塗ってツヤを出し、230度のオーブンで10分焼く。
(7)牛すじと赤ワインを煮込んでソースを作る。
(8)続いてソースを作る玉ねぎ、ニンジン、セロリは1センチ幅くらいの厚めのスライスし、にんにくは半分に切って芯を取る。
(9)フライパンで油とにんにくを熱し、香りが出たら牛すじを入れてキレイな焼き色が付くまで炒める。
(10)焼き色がついたら野菜を加え、玉ねぎが少し透き通るまで炒める。
(11)玉ねぎが透き通ってきたら、ワインを加え、強火で沸かし、あくを取る。火を弱めタイムやローリエ、塩を加え弱火で煮る。 ※出来れば1時間くらい煮るとよい出汁が出る。
(12)ポルチーニを0.5ミリくらいのさいの目に切り、別のフライパンでバターをひいてソテーする。
(13)軽く塩、コショウをしそこへ濾したソースを加え1~2分ほど煮たら、仕上げにバターを加え、塩味を調えればソースの完成!
(14)皿にサラダを盛りつけ、焼き上がったパイを乗せ、ソースをかけ、ルッコラ、トマトを添えれば出来上がり。

ポイント

市販のホワイトソースで冷凍餃子にアレンジする。
白ワインの香りで高級感をだし、深みのある味わいになる
酢醤油をトマトの酸味で代用する。
餃子を凍ったままパイ生地で包むことで、餃子の旨みをすべて閉じ込めることができる。そ旨味とホワイトソースの相性が良いとのこと。

その他の加賀田京子シェフのレシピ

フレンチの鉄人加賀田京子の親子丼レシピ・作り方 ガチガセ8月31日
以前のガチガセで紹介していて親子丼レシピ
西洋風塩麹餃子(ぎょうざ)レシピ・作り方 笑顔がごちそうウチゴハン7月1日 加賀田京子 
西洋風塩麹餃子のレシピ

シェアする

関連商品