珍しいお金の価格(5円玉ズレ打ち穴ズレエラー&板垣退助100円札福耳&ゾロ目聖徳太子1万円札&100円玉45度)

2012年11月13日放送のフジテレビ・笑っていいとも!「見抜けおいくら万円ランキング」のコーナーでは、珍しいお金の価値・価格が紹介されていました。

5円玉ズレ打ちエラー 80万円

お金に柄を刻むときにプレスミスによって起こったエラーで、プレスする際にお金の置く位置がズレた為、お金の形まで変わってしまった5円玉。大幅にずれるのはかなり珍しく、機械チェックと人間の目によるチェックをすり抜けて世に出てきた貴重な1枚
形が変わるほどずれているのは激レア

板垣退助100円札 福耳エラー 50万円

紙幣を切る機械の流れ作業中につまって、紙が折れてしまったために起こった思われる「福耳」と呼ばれるエラー。

2のゾロ目の聖徳太子の1万円札 18万円

お札に印刷された記番号がすべて2のゾロ目になっている聖徳太子の1万円札。番号の前のアルファベットが一桁だと初期に作られたお金意味し、非常に貴重とされている。

番号の前のアルファベットが1桁の場合は18万円で、2桁だと6万円ほど。

昭和32年 5円玉穴ズレエラー 7万円

5円玉に穴をあけるプレスの際にお金の置き方が悪く穴がずれてしまった一枚。さらにこの5円玉が作られた昭和32年というのは通常より発行枚数が少なかったためプレミアがついている。

穴ズレエラーの枚数は割りとあるが、昭和32年で発行枚数が少なかったためこれくらいの価値になる。

平成元年 100円玉45度角度ズレエラー 5万円

プレスする際に表と裏の柄の角度が45度ズレてしまった一枚。ズレた角度が大きければ大きいほど価値があると言われていて、一番大きくずれているものは180度になる。

45度ズレているのは比較的枚数が多いためこの価格だが、もし180度ずれだと約9万円の価値がある

買い取り価格はインターネットから無料査定出来ます。

金貨・古銭・記念コインの買取は【福ちゃん】へ!高価買取に絶対の自信あり!

その他の珍しいお金などについての記事

エラーコインの買取価格・価値(穴ズレ・穴なし50円玉・陰打ち・裏も表も同じ柄の10円玉・お宝硬貨)
雑学家族で紹介されたエラーコインの買取価格

激レアコイン&お札の価値・買取価格(10円玉表裏同じ&50円玉穴なしエラー&8ゾロ目1000円&アルファベット違い2000円)
笑っていいともで紹介された激レアコイン&お札の価値

シェアする

関連商品