徹子とマツコの音楽時代 工藤静香 3月29日放送 秋元康・指原莉乃・おニャン子クラブ・AKB48

2012年3月29日放送の徹子とマツコの音楽時代では史上最強コンビのSPトーク 工藤静香×徹子&マツコということで工藤静香さんが出演していたの紹介します!

SPトーク 工藤静香

はじめに工藤静香の紹介がされ、工藤静香さんは1980年代に一世を風靡したおニャン子クラブの会員番号38番で、ソロシンガーとしてもさらにブレイクしたと紹介されていました。

工藤静香さんは当時のことを振り返り一番大変な時期だったと話していました。

工藤静香は当時 誰と一番仲が良かった?

視聴者から80年代 工藤さんをはじめアイドル達が大人気でしたが 当時 誰と一番仲が良かったのか?と質問され、工藤静香さんは、森高千里さんと答え、当時からよく一緒に座って話していたと言っていました。

秋元康さんがAKB48のプロデュースをしていることについてどう思っているか?

視聴者から秋元康さんがAKB48のプロデュースをしているが、工藤さんはどう思か?と質問され、工藤静香さんは「頑張ってほしい」と話していました。

新旧アイドル比較 おニャン子vsAKB48

秋元康さんがプロデュースしたおニャン子クラブとAKB48を比べるために、スタジオに指原莉乃さんが登場しました。

指原莉乃さんはと共に 秋元康さんについてトーク

指原莉乃さんは秋元康のことを「秋元先生」と呼ぶが、工藤静香は当時、「アッキー」と呼んでいたと話し、指原莉乃は秋元康に対して怖い印象を持っているというのに対して、工藤静香さんは「アッキー優しいのに」と話し、昔と今の違いを比べていました。

嵐の素顔/黄砂に吹かれて/慟哭

最後に工藤静香さんが嵐の素顔を熱唱、黄砂に吹かれて、 慟哭を歌っていました。

シェアする

関連商品