「ミヤネ屋」ミス・ユニバース原綾子 小顔体操の方法・やり方 間食 4月3日放送

2012年4月3日放送の日本テレビ(日テレ)ミヤネ屋ではミス・ユニバース 日本代表 原綾子さんの美の秘訣や素顔について紹介されていました。

番組ではミス・ユニバース・ジャパンに輝いた原綾子さんのCM撮影に密着。
ミス・ユニバース日本代表になってから初めてのCM撮影とのことで、緊張しているが、楽しみながらやっていると話していました。
原綾子さんの次の目標は世界一になることだとインタビューで話し、もし世界一に輝いたら、はじめの挨拶で世界一に喜びよりも、東日本大震災で被害にあった地元を復興させるために、支援がまだまだ必要だということを世界に訴えたいと話していました。

原綾子さんの 美の秘訣

続いて番組では仙台にある原綾子さんの自宅を訪問。
原さんは中学高校時代は軟式テニスでインターハイに出場した経験も持ってて、なでしこJAPANの鮫島彩選手とは高校の同級生だそうです。
ミス・ユニバース・ジャパンを目指そうと思った時には、今現在よりも10キロは太っていたので、やせるための対策をしたとのこと。
原さんは3年前から努力をしミス・ユニバースを勝ち取ったのですが、食べたいものを我慢してきたことが一番つらかったと話していました。


間食をとる

まず一番最初にやせるために行ったことは「間食をとる」ことだそうです。
間食として素焼きのアーモンドやドライフルーツなどを取ることは美容にもよく、間食を食べた後に摂取する食事の吸収率も下がるそうです。

小顔体操の方法・やり方

原さんの小顔の秘訣として「小顔体操」を紹介。
小顔体操の方法は全力で「あ・い・う・え・お」と1時間ほど言っていること。
この体操によって、顔の筋肉を引き締めることができフェイスラインがシャープになる。
また原さんの日課は2キロのランニングで、1日のリズムを作るために大事にしているそうです。

また4月3日放送のスッキリでも自身の美の秘訣としてヒップアップ体操や間食、仙台藩作法について話していました。

 

原綾子さんはミス・ユニバースへの思いが強くなった出来事として、去年起こった東日本大震災をあげた。
原さんの地元仙台も被災し、震災が起こったことで挑戦を諦めようと思ったこともあったが、「東北から世界へ」力強い話題を発信できたらいいと決意を強くしたと話していました。
原さんは小さい時から甘えっ子で、今でも自分ができることでも甘えてわざと「やって」とお母さんに頼むことがあるそうです。
原さんのお母さんは、夢がかなったのは嬉しいけど、苦しい道を進まなくてはいけない娘のことをを思うと複雑な気持ちだと話していました。
原さんは12月に世界大会へ進むのですが、これまで日本人でミス・ユニバースを取ったのは児島明子さんと森理世さんの2人だけ。
原さんは東日本大震災からの復興を少しでも手助けできるといいと話していました。

シェアする

関連商品