鶏ミンチと大根のリゾット ドライトマト風味レシピ【NHKあさイチ料理 1月21日 笹島保弘】

2013年1月21日放送のNHKあさイチ!「解決ゴハン」ではイタリアンレストラン「イル ギオットーネ」のオーナーシェフ笹島保弘さんが鶏ミンチと大根のリゾット,ドライトマト風味のレシピを紹介していました。

鶏ミンチと大根のリゾット ドライトマト風味レシピ

鶏ミンチと大根のリゾット ドライトマト風味レシピ【NHKあさイチ料理 1月21日 笹島保弘】

材料(分量2人分)

  • 鶏挽き肉…12−g
  • 塩…適量
  • 大根…80g
  • ごはん…200g
  • ドライトマトだし…300ml
  • パルメザンチーズ…30g
  • EXVオリーブ油…大さじ2

★ドライトマトだしの材料(作りやすい分量)

  • 水…400ml
  • 昆布…10センチ角1枚
  • ドライトマト(乾燥)…15g

作り方

(1)ドライトマトだしを作る。鍋にドライトマトだしの材料をすべて入れ、弱火で10分〜15分間煮れば出来上がり。

(2)鶏挽き肉は1%の塩をふってよく混ぜて30分間おいておく。大根は皮をむき1センチくらいの角切りにする。

(3)フライパンにEXVオリーブ油を入れ、鶏挽き肉を炒める。鶏肉が白っぽくなってきたら大根を加えて塩をふり、鶏から出てきた脂を吸わせるように炒める。油が少ないようならオリーブ油を少し足す。

(4)ドライトマトだし、ドライトマトを加えて強火で煮る。沸騰したらご飯を加え、水分がなくなるまで強火で煮詰める。

(5)煮詰まってほぼ水分がなくなった火をとめ、パルメザンチーズを加えてよく混ぜる。あれば大根の葉を細かく切って加えてもOK。

(6)最後にEXVオリーブ油(分量外)を回しかければ出来上がり。

ポイント

  • 鶏挽き肉に塩をふることで塩と旨味が結合しておいしくなる。鶏肉から余分な水分や臭みをとってくれる。
  • ドライトマトのだしは煮魚・肉じゃがなどの和食によく合う。カレーライスなどにも合う。
  • 大根は焦げやすいので炒めるときに塩をふる。塩を振ることで水分が出て焦げにくくなる。

シェアする

関連商品