ささみと豆もやしの春雨パスタ風レシピ/作り方【NHKきょうの料理 1月15日/堀知佐子】

2013年1月15日放送(再放送16日)のNHKEテレ・きょうの料理「遅い時間にやさしいごはん メタボが気になる中高年の低カロリー夜食」では管理栄養士の堀知佐子さんがささみと豆もやしの春雨パスタ風のレシピを紹介していました。

ささみと豆もやしの春雨パスタ風レシピ

ささみと豆もやしの春雨パスタ風レシピ/作り方【NHKきょうの料理 1月15日/堀知佐子】
材料(分量1人分:110kcal)

  • 豆もやし…1/4袋(50g)
  • 鶏ささみ…40g
  • 塩・こしょう…各少々
  • 酒…大さじ1/2
  • 緑豆春雨(乾)…10g
  • 三つ葉の茎…少々
  • しょうゆ…大さじ1/2
  • 酢…大さじ1/2〜1

作り方

(1)豆もやしを鍋に入れ、ヒタヒタの水を注いで強火にかける。

(2)鶏ささみに酒・塩・こしょうをかけ、ラップをして600Wの電子レンジで約1分間加熱する。電子レンジから取り出したら手で裂いてほぐし、蒸し汁も捨てずにとっておく。

(3)(1)の鍋が沸騰したら中火にし、緑豆春雨を加える。再び煮立ったら三つ葉の茎を加えて火を止め、そのまま冷やす。

(4)しっかりと温度が下がったらザルに上げ、三つ葉は小さく切り、もやしと春雨はボウルに移して(2)のささみと蒸し汁合わせる。さらに醤油・酢を加えて混ぜる。

(5)器に盛り、三つ葉を散らせばできがり。

ポイント

  • 豆もやしを加える事でカロリーダウンになり、タンパク質もとれる。
  • 豆もやしは普通のもやしと違うので、お湯の中でいきなり豆もやしを入れてしまうので沸いた時に豆が生だったりしてしまう。また自ら豆もやしを湯がくことで豆の甘さが出てくる。
  • 春雨は温度が下がるまで鍋に入れておかないと固かったり芯が残ったりしまうので、しっかりと温度が下がるまで入れておく。
  • 豆もやしの旨味ととりっさみのボリュームをプラス。
  • 鶏のささ身は脂肪が少なくタンパク質が多いので、寝ている間に体を作るのを助ける。
  • 酢の量はおこのみで調節する。

シェアする

関連商品