NHKあさイチ しらすの野菜トーストレシピ【4月16日 浅尾貴子】

2013年4月16日放送のNHKあさイチ!「スゴ技Q 春のしらす使いこなし術」では女子栄養大学助教授の浅尾貴子さんがしらす野菜トーストのレシピを紹介していました。

しらすの野菜トーストレシピ

NHKあさイチ しらすの野菜トーストレシピ【4月16日 浅尾貴子】

材料

  • 小松菜…50g
  • パプリカ(赤)…10g
  • マヨネーズ…大さじ1
  • オリーブ油…小さじ1
  • 食パン…1枚
  • カリカリしらす…40g
  • 溶けるチーズ

作り方

1
小松菜とパプリカにマヨネーズとオリーブ油を入れて混ぜ食パンにのせる。さらに溶けるチーズをのせてオーブントースターでおよそ5分間焼く。

小松菜に含まれるビタミンKがカルシウムが骨になるのを助ける

しらすはカルシウムが豊富。やわらかしらす100gには、成人女性が1日に必要なカルシウムのおよそ80%が含まれている。しかしカルシウムだけでは骨になりにくい。

小松菜に含まれるビタミンKがカルシウムを骨にするのを助ける。カルシウムだけではなかなか骨に吸収されない。骨の中にあるオステオカルシンが大きな役割をはたすがコレが働くにはビタミンKが必要。

ビタミンKとカルシウムが結合するとオステオカルシンが初めて活性化。それによってカルシウムが取り込まれ結合して骨になる。

さらにビタミンDもカルシウムの吸収率をアップする。ビタミンDは小腸からカルシウムが吸収されやすくなるビタミン。その後にビタミンKの助けを借りて骨への沈着をする。
NHKあさイチ しらすの野菜トーストレシピ【4月16日 浅尾貴子】
※ビタミンKは血を固まりにくくする薬の作用を阻害してしまうのでそういった薬を使用している方は医師と相談をする。

シェアする

関連商品