Nスタ・ぎょうざの満洲人気の秘密 3月27日 埼玉 温泉 餃子

2012年3月27日放送のTBSNスタ・Nトクでは年商49億円!関東限定餃子チェーン・人気の秘密ということで餃子の満州が特集されていたので紹介します!

 

ぎょうざの満洲は東武東上線沿いの朝霞駅にある関東限定のチェーン店で、関東に61店舗あり、去年はの年商は49億円とのこと。

ぎょうざの満洲の店内は常連さんで満席となっていました。

レポーターは、「焼餃子」と「ダブル餃子定食」を注文。

 

ぎょうざの満洲の人気の秘密

営業は半径50キロ圏内?

ぎょうざの満洲の人気の秘密の一つは、埼玉県のある場所を中心に半径50キロ県内でしか、店舗を作らないという所だという。

半径50キロ圏内にしかお店を作らない理由としては、餃子が全て埼玉県の自社工場から配送されているので、製造日が賞味期限になってしまうから。

 

1日35万個!驚きマシーン?

ぎょうざの満洲の坂戸工場には、1日35万個の餃子を製造することができるという機会があるとのこと。

生ぎょうざは、各店舗で月・木曜に販売されているそうです。

 

カリカリ・モチモチの食感

餃子の食感がカリカリ・モチモチしているのも、ぎょうざの満洲の人気の秘密。

カリカリ・モチモチの秘密は、特注の焼き場では、素早くフタを閉めて、たまった水蒸気でギョーザを蒸し焼きにしているから。

歌の合唱

ぎょうざの満洲では営業会議の前に、ぎょうざの歌を合唱しているそうです。

 

ギョーザと温泉と・・・旅館?

ギョーザの満洲には1店舗だけ群馬県の老神温泉近くにある店がある。

その老神温泉近くのぎょうざの満洲は、温泉旅館として経営しており、旅館のレストランとして営業しているとのこと。

その理由は、会長がこの温泉地の出身であり、友人が旅館の営業を辞めるということで「ぎょうざの満洲 東明館」として始めたそうです。

シェアする

関連商品