ためしてガッテンの膝痛解消お皿ストレッチのやり方&靴下スリスリ体操

2015年3月18日(水曜日)放送のNHKためしてガッテン「2014年度みなさんが選ぶガッテン感動ワザ大賞」では、東京医科歯科大学医学部附属病院・整形外科外来医長の渡邉敏文さんがひざコリによる膝痛を解消するお皿ストレッのやり方を紹介。さらに靴下を使った膝痛解消法も紹介されていました。

ひざコリによる痛みを改善するお皿ストレッチのやり方

1
足を伸ばして力を抜くとお皿が動くことを確認する。
ひざのお皿ストレッチ
2
お皿を前後・左右・斜めの8方向に押して、約5秒ずつスライドさせる。痛い部分はコリがあるので重点的に押してコリをほぐす。1回3分くらいを朝晩の2回行うと良いそうです。
ひざのお皿ストレッチ

ひざのお皿以外にも膝の周りには痛みのポイントがある。

ひざのお皿周辺の痛みポイント

膝のすねの骨の前の部分のでっぱりの内側と、その少し内側。それとひざの内側にある出っ張りの真上。

ひざのお皿ストレッチ

痛みのある部分を指で5秒ほど強めに押すとコリの解消になる。痛みがない部分は押してもストレッチの効果が無い。

ひざ裏の痛みのポイント

ふくらはぎの筋肉の付け根部分。左右、内側と外側があり、外側のほうが痛みがある方が多い。

ひざのお皿ストレッチ

ひざを少し曲げて人差し指と中指で痛みを感じるくらい強めに押す。自分でやる場合はかなり痛いと感じるくらいの強さでやると良い。

っv

朝晩行うと1週間ほどで効果を感じ始める。

実際にやってみた人の感想

膝の痛みを軽減する靴下を履いた足のスライド運動のやり方

靴下を履いてすりすりとするだけで膝関節の痛みが軽減するというもの。

1
靴下を履いて椅子に浅く腰かけ、1往復あたり5秒ほどかけてゆっくりと足をスライドさせる。反対の足も同様に行う。
靴下ゆっくり体操
2
寝ながらやる場合は立膝にして同様に行う。
靴下ゆっくり体操

6人のひざ痛を抱えている方にこのスライド運動を3週間やってもらったところ、全員の痛みが改善した。

靴下ゆっくり体操の効果

ひざの炎症を起こす物質(NF-kappaB)がゆっくりした動きを感知して鎮まると考えられる。

この靴下を使った膝痛解消体操はTBS・予約殺到!スゴ腕の専門外来でも紹介されていた。

ひざ痛改善筋肉体操のやり方

またサプリメントでヒアルロン酸を補うことも膝痛を抑えるには効果的です。

おすすめは健康食品ヒアルロン酸売上第1位、リピート率90%ののエバーライフの皇潤プレミアム。

進化を遂げた「皇潤」

今ならインターネットの申込で、先着1000名限定で100粒増量中です。

その他の膝痛解消方法

駆け込みドクター 膝痛改善!ひざ伸ばし力を鍛えるトレーニング

膝痛解消サポーターグッズ

たけしの家庭の医学 膝痛改善!椅子で筋力アップ法(あっぷる体操)のやり方

NHKあさイチの膝痛解消ストレッチ&スクワットのやり方と坂道でひざを痛めにくい歩き方

シェアする

関連商品