世界一受けたい授業 ハンバーガーレシピ|3月7日

2015年3月7日放送の日本テレビ・世界一受けたい授業「肉が美味しくなる裏ワザ」では、フランスのカリスマ精肉士・イヴ=マリ・ル=ブルドネックさんが赤身肉と牛脂で作るハンバーグのレシピをを紹介していました。

家庭でできる絶品ハンバーグレシピ

世界一受けたい授業のハンバーガーレシピ

1
食感が残るよう肉を5mm角に切る。肉の細胞を殺さないようスッとすべらせるように切る。
ハンバーガーの肉の切り方
2
牛脂も同様に細かく切って、肉と一緒にボウルに移して軽く混ぜ、下味に塩と胡椒を入れる。味が均一になるように混ぜたら肉の下準備は完了。
ハンバーガーの下準備

牛脂がつなぎの役割を果たすので肉は崩れない。
3
切った肉で塊を作り、しっかりかためた肉をパラフィン紙で挟む。
パラフィン紙
4
ハンバーグプレスで肉を押し固める。ハンバーグプレスがない場合は丸い目玉焼きの型に肉を詰めて、平らな瓶の底で強く押し固めればOK。
ハンバーグプレス"
肉を潰す
5
肉を焼く。肉を焼いた鉄板でパンを焼くと風味がついて味に一体感が出る。
6
パンに肉とベーコン・ほうれん草を挟む。ソースはいらない。ソースをかけると肉の味がわからなくなる。細かく切った時の塩こしょうだけで十分。

このハンバーガーを食べた出演者の方々は「肉の味がものすごく強くてソースはいらない。」、「肉の旨味がいつまでも出てくる。」などと話していました。

パリでは今ハンバーガーブーム

今パリはハンバーガーブーム。その火付け役の店が「ブレンド」。ここのハンバーガーはイヴ=マリ・ル=ブルドネックさんのお店の熟成肉を使っている。ブルドネックさんはそのお店とコラボしてとっても美味しいハンバーガーを作ったそうです。

合わせて読みたい

林修の今でしょ講座 科学的ハンバーグレシピ

トースターで作るハンバーグレシピ

究極のハンバーグレシピ

たいめいけん流ハンバーグレシピ

シェアする

関連商品