安いすき焼き用牛肉を重曹と玉ねぎと柔らかく高級な味にする方法|トリックハンター

2015年4月15日(木曜日)放送の日本テレビ・トリックハンター「トリックシェフ」では、川越シェフが安いすき焼き用牛肉を高級な味に変えるトリックを紹介していました。

安いすき焼き用牛肉を重曹と玉ねぎと柔らかくする方法

1
重曹を水に溶かして牛肉を30分漬ける。
安いすき焼き用牛肉を重曹と玉ねぎと柔らかくする方法

重曹に含まれるアルカリ成分が肉のタンパク質を分解しとろけるような食感を生んでくれる。
2
薄くスライスした玉ねぎをしんなりとするまで炒め、【1】の肉を入れて軽く焼き色が付く程度に炒める。このときなるべく玉ねぎと一緒に絡めるように炒めるのがポイント。
安いすき焼き用牛肉を重曹と玉ねぎと柔らかくする方法

。玉ねぎの甘味成分が肉に染みこむ。
3
あとは普通のすき焼きの手順と同じように他の具材と一緒に煮込めば出来上がり。炒めた玉ねぎを一緒に煮込んでもOK。

普通のスーパーの肉は高級肉と比べると脂の入り方もまばらで肉の甘味も少ない。

重曹とは元々はパンを膨らませる時などに使う調理用の粉だが、肉を柔らかくする効果もある。現在は様々な料理本でも重曹の特集が組まれるなど、改めて重曹の効果が注目されている。

実際に100g2,000円の高級すき焼き店でも使われる霜降り状態の極上黒毛和牛ロース肉と、スーパーで売っている100g520円のすき焼き用のロース肉で作ったすき焼きをそれぞれ食べた出演者の方々は「どちらもすごく柔らかくてとろける感じがして美味しい。」、「お肉の高い安いとか分からない」などとコメントしていました。

合わせて読みたい

安い豚肉のとんかつをおろし生姜で柔らかく高級トンカツに変えるレシピ

安い牛肉を牛脂で高級和牛のステーキに変える方法

カレーの隠し味に甜麺醤&梅酒で高級な味に?

トリックハンター 乾燥パスタを水に漬けて生パスタに変える方法・レシピ

実際に重曹を使った人の感想

シェアする

関連商品