得する人損する人のチャーハン&タコライスレシピ|家事えもん/すし酢/水洗い

2015年7月10日放送の日本テレビ・あのニュースで得する人損する人では、掃除能力検定士の資格を持つ芸人「家事えもん」ことジューシーズの松橋周大呂さんがパラパラでしっとりのチャーハンのレシピなどを紹介していました。

家事えもんのパラしっとりチャーハンレシピ

材料

  • ご飯…300g
  • ラード…大さじ2
  • 塩・こしょう…少々
  • 中華だし…小さじ1/2
  • 溶き卵…1個

作り方

1
炒める前にご飯にラードをかけて混ぜる。

フライパンに火をつけている間に味をつけたり混ぜたりする作業は大変。ご飯を炒める前に油を浸透させる。
2
さらにご飯に酒を加えて混ぜる。

酒を加えるとゴハンに甘みが増す。
3
フライパンを熱しご飯を炒め、塩・こしょう、中華だしで味付けをする。
4
ご飯をいったん取り出し、卵を素早くかき混ぜながら炒め、ご飯を加えて軽く炒めたら出来上がり。家事えもんのチャーハンレシピ

ご飯と卵を別々に炒めることで卵に火が入りすぎてかさかさになるのを防ぐ。

ラードはお米のぬめりをコーティングしてくれるのでパラパラに仕上げる効果がある。

タコライス風炒飯(タコチャーハン)レシピ

家事えもんのタコライスレシピ

材料

  • パラしっとりチャーハン
  • 豚ひき肉…200g
  • にんにく…小さじ1/2
  • 一味唐辛子…お好みで
  • トマト…半分
  • レタス…1/6個(約100g)
  • パプリカ…1/4個
  • チーズ…30g
  • オリーブオイル…大さじ2
  • ケチャップ…大さじ5
  • ウスターソース…大さじ1.5
  • 塩コショウ…少々
  • 温泉卵…1個

作り方

1
豚ひき肉とにんにくをオリーブオイルで炒める。泡だて器で混ぜるとひき肉が細かくなる。
2
お好みで一味唐辛子を入れ、ケチャップ・ウスターソースで味付けをする。
家事えもんのタコライスレシピ
3
チャーハンにレタス・ひき肉・トマト・パプリカ・温泉卵をのせれば出来上がり。
家事えもんのタコライスレシピ

チャーハンをパラパラにする裏技

ご飯を水洗いしてパラパラ

ご飯炒める前にご飯をさっと水洗いし、すぐに水をしっかりときる。

普通に炊いたご飯は表面にでんぷん質(ぬめり)があるのでご飯同士がくっついている。ご飯を水洗いするとぬめりが洗い流されるので、痛めているときにご飯一粒一粒がくっつきにくくなりパラパラになる。ぬめりを洗ってもうまみに影響はないので美味しいご飯になる。

日本獣医生命科学大学客員教授の佐藤秀美さんは「チャーハンをパラパラにするうえで最大の敵となるのが表面のぬめり。」と話していた。

炒める前に卵をまぶし、たくあんとゴマを混ぜてパラパラ

ご飯を炒める前に卵をまぶし、卵かけごはんにしてから炒める。さらに炒めたチャーハンにみじん切りにしたタクアンと白ごま加えて混ぜる。

最初に卵かけごはんにしておくとぬめりのあるご飯の一粒一粒が卵でコーティングされた状態になるので炒めるときにくっつきにくくなりパラパラになる。

タクアンを入れると塩気が味付けになり、しょうゆなどの液体調味料を入れずに済むのでべちゃつきを防いでくれる。さらに白ゴマのぷちっとした食感を加えたことでよりパラパラ感が上がる。

すし酢大さじ2杯でパラパラ

温かいご飯(150g)にすし酢大さじ2杯を加えしっかりと混ぜ合わせる。あとは普通にチャーハンを作る。

ご飯にすし酢を加えることで、すし酢に含まれる酸がお米のぬめり成分が流れ出るのを抑えてくれる。酢は熱で飛ぶのでお酢の味自体は残らない。しかし大さじ2杯以上入れると酢の味が残ることがあるので注意が必要。

その他のチャーハンレシピ

科学的チャーハンレシピ|林修の今でしょ講座

水島弘史のパラパラチャーハンレシピ

シェアする

関連商品