雑穀の効果効能!大麦&アマランサス&ヒエ&アワのおいしい食べ方【世界一受けたい授業12月1日 マクロビオティック】

2012年12月1日放送の日本テレビ・世界一受けたい授業では、日本雑穀協会特別顧問で信州大学農学部教授の井上直人先生が雑穀の驚くべきパワーと正しい食べ方を解説していました。

今注目のマクロビオティック

雑誌なので最近良く見かけるマクロビオティック。これは主に雑穀や玄米などを含む健康食事法。多くの栄養素を含む雑穀が今注目されている。

雑穀が世間から注目を浴びるようになったのは今から50年前。山梨県棡原村(現上野原市)が日本一の長寿村であることがわかり、諸食が麦やアワなのの雑穀だったことがきっかけ。また中国では19世紀初頭、142歳の老人に清朝皇帝が長寿をたたえる詩を送ったという記録がある。実は老人が住んでいた地域の主食は雑穀だったと言われている。

雑穀には普段の食生活では少ししか取れない栄養素が多く含まれている。例えば麦に含まれている食物繊維は白米のおよそ20倍。アワに含まれる鉄分は白米のおよそ6倍。井上さんは雑穀は21世紀の主食となる。

雑穀とは日本人が主食として食べている白米以外の穀物(アワ・キビ・ヒエ・ダイズ・アズキ・菜豆・ソバ・キヌア・アマランサス・なたね・ごま等)ほぼすべてを言う。日本ではとうもろこしも雑穀扱いされている。

雑穀といっても種類が全然違うので様々な栄養成分を持っていて食感も違う。たくさんの雑穀を混ぜて食べると栄養レベルがどんどん上がる。

健康のための万能食!雑穀の正しい食べ方

大麦は太っている方におすすめ

ぽっこりお腹や体重の増加の原因の1つとして考えられているのがビタミンB郡の欠乏。食事の回数が少なくても白米と脂肪分に偏った食事内容では体重が増加しやすくなってしまし、脂肪を燃焼させるビタミンB郡が必要になる。

ビタミンB郡を多く含むのが大麦。大麦はだいたい白米の5倍のビタミンB郡を含んでいる。また食べたものを脂肪にさせにくい食物繊維は白米の20倍含まれている。

麦ごはんの作り方

白米9に対して大麦1でブレンドして炊く。

この割合が大麦がパサパサ感が気にならない黄金比。他にも大麦を原料にしたパスタや大麦の入ったシリアルもおすすめ。

ヒエは便秘がちな方におすすめ

食物繊維を多く含む雑穀にヒエがある。ヒエは比較的食べやすい雑穀で炊くことでより甘みが増す。ごぼう・ひじき・わかめなどを含んだサラダにトッピングしてももちもちした食感でおいしく食べられる。サラダに含まれる食物繊維との相乗効果で便秘がちな方におすすめ。

アマランサスは疲れやすい人におすすめ

太りにくい・疲れやすい原因の一つはタンパク質の不足。アマランサスは白米よりも良質なタンパク質を含んでいてその量も2倍。またカルシウムが32倍。食物繊維は15倍と栄養価の高い雑穀。

アマランサスはNASAのスペースシャトルで栽培実験が行われ宇宙食としても使われた今最も注目を集めている雑穀。しかしこのアマランサスだけを食べようとすると味に抵抗がある方が多いので、スーパーなどで発売されているアマランサスを含む雑穀を白米に混ぜて食べるのがおすすめ。

痛風肌荒れが気になる方にはアワ・キビがおすすめ

痛風の主な原因は尿酸値が高くなること。脂肪を多く取り過ぎるというのが1つの原因。尿酸値を下げるために摂ると良い栄養素はビタミン・ミネラル。ビタミン・ミネラルを多く含む雑穀はアワ・キビ。アワにもキビにも約2倍のビタミン・ミネラルが含まれている。

肌荒れの原因はビタミン・ミネラルが不足していると考えられるので、同じくアワとキビがおすすめ。

シリアル、オートミール等の違い

シリアルは穀物全般をブレンドしたもので、オートミールは雑穀の中の一つ、オート麦(燕麦)を加工したもの。

ミューズリーはシリアルにドライフルーツやナッツを加えて食べやすくしたもの。どれを食べてもビタミンB郡、食物繊維がたっぷり入っている。

おすすめの食べ方はヨーグルトや牛乳をかける。こうすると味がつき食べやすくなる。また雑穀に含まれる食物繊維はヨーグルトを組み合わせることで腸を活性化させる効果がある。

雑穀のおいしい食べ方

アワ・キビ・玄米・大麦・ヒエというのはそれだけを食べると大変食べにくいものだが、バランスよく配合した五穀米は簡単に手に入る。それをご飯に混ぜて食べると良い。

そば米を鶏ときのこの雑炊に加えるだけで、そば米のぷちぷちとした食感が楽しめるそば米きのこ雑炊が簡単に作れる。

そばのみの皮を除いたそば米は鉄分や、血行促進に効果のあるルチン・ビタミンEを豊富に含む食物で、冷えからくる月経不順など婦人科系でお悩みの方におすすめ。

タマネギなどで作った野菜シチューにもちアワを加えるとチーズのようなトロンとした食感になりより食べやすくなる。さらにもちアワにはホルモンバランスの乱れを整えてくれる亜鉛が多く含まれているので更年期障害の予防に効果があると言われている。

雑穀の保存方法

穀物は精白されるとどんどん酸化されていくので、購入した雑穀は2ヶ月くらいで食べきると良い。

また炊きあがってから何日も置くと味が悪くなるので場合によっては保存容器に入れて凍らせるなどの工夫が必要。

合わせて読みたい

ローラの豆腐の食べるキヌアラー油レシピ&水ナスの昆布締めの作り方

シェアする

関連商品