メンタリストDaiGoのメンタリズムダイエットのやり方・方法&効果【スタードラフト会議10月16日】

2012年10月16日放送の日本テレビ・スター☆ドラフト会議「アノ芸能人を再生2時間スペシャル」でメンタリストのDaiGo(ダイゴ)さんが紹介していた、メンタリズムダイエットのやり方・方法&効果についてです。

メンタリストDaiGoのメンタリズムダイエットのやり方・方法

メンタリズムダイエットは、ダイエット法ではなく、ダイエットを続けさせる方法なんだそうです。DAIGOさんにダイエットがうまくいかない人は大抵続かない人。その続かない人のダイエットをより続けさせる方法なんだそうです。
自分で使っても良いが彼女や旦那さんなど、ダイエットをしている人を長く続けさせる方法とのこと。

青色の物を食卓など身の回りに飾る

あじさい等の青い花などを食卓に飾る。
青い色は食欲減退色といい、食欲を抑える効果がある。元々自然界にはあまり存在しない色なので、毒があるイメージを想起させ、食を細くする。
例えば部屋のカーテンを青くしたり、青いランチョンマットを使ったり、青い箸を使ったりして、食べるときに身の回りに青いものを取り入れることで、食欲を抑えることがデキる。

辛いダイエットを続けるときは青いものに囲まれた状態で行う

辛いダイエットが長く続かない場合は、青いものに囲まれた状態でダイエットすると良い。
青い色というのは時間を短く感じさせる効果があるので、長くて辛いダイエットも短く感じることができ続けやすくなる。
なにか集中して取り組む時は青色、ゆっくり休みたい時は短い時間で長く感じる赤色を取り入れると効率良く時間を使うことができる

大きいフォークを使う

大事なのは食べにくいものを使うといこと。食べることストレスに感じるように食べにくい食器を使うことで、自然と食べるという行為が減ってくる

箸置きを使う

箸を持って口に運び、空いた箸を持っていると次の食べ物を無意識に探してしまう。すると噛む回数が減り自然と大食いになってしまう。それを防ぐためにいちいち箸置きに箸を置く癖を作ることで食べる量が減る。

食事前に料理の写真撮影をする

料理が出てきてからすぐに食べないということが大事。食べる前に写真を撮り、どう食べるのか、どこがおいしそうに見えるのかと考えながら1分間待つ。すると満腹中枢を刺激して自然たと食べる量が減り、消化も良くなる。さらに効果を上げるためには、ツイッターやフェイスブックでこれから食べるものをつぶやくと良い。なるべく大勢の人に向かってダイエットの約束を擦るほど、それにこたえようとして痩せやすくなる。

冷蔵庫に好きな人の写真を貼る

ドアをあけるときに、常に好きな人・憧れている人の写真を貼っておくと、その人に見合う自分になるために努力をする。恋愛すると女性は綺麗になる。
単語を貼る場合は、食べなかったら付き合える、食べなかったら綺麗になれるなど、ポジティブな単語を使って暗示をかけるとよい。

リビングになるべく高価な洋服を飾ると良い

ダイエットする前に細い服を買う。自分が後戻りできないくらい高いものを買うことが大事。サイズは今は着れないサイズが良い

好きなモノをトイレに貼る

好きなモノを食べ過ぎてしまう場合は、その写真をトイレに貼る。その食べ物を見るたびにトイレに居る自分を思い浮かべる。トイレで食べるのはすごく嫌な行為なので、それがイメージされ自然と食べたくなくなる。
メンタリズムダイエットの効果
DAIGOさんは11歳のときには体重55キロで身長は149センチ。メンタリズムダイエットのようなことを行った結果ゲンリョウニ成功し、現在は173センチで54キロになった。

その他ダイエットに関する記事

ゲッタマンの肩甲骨ダイエットのやり方・方法&効果!我が家杉山が1ヶ月で-7キロ! スタードラフト会議7月31日
ゲッタマンの肩甲骨ダイエット
ゲッタマン式ドローインのやり方&方法!ウエストのくびれを作るダイエット スタードラフト会議8月21日
ゲッタマン式ドローインのやり方
丁治紅の動物エクササイズダイエット・猫のびポーズのやり方&方法【スター☆ドラフト会議10月9日】
動物エクササイズの方法

シェアする

関連商品