冷めてもおいしい!お弁当野菜炒めレシピ&作り方【NHKためしてガッテン10月31日】

2012年10月31日放送のNHKためしてガッテン「幸せ!お弁当応援SP時短なのに冷めて美味」で紹介されていた、冷めても汁がでない&シャキシャキおいしいお弁当野菜炒めのレシピ&作り方です。

冷めてもシャキシャキおいしい!お弁当野菜炒めレシピ

材料

  • ベーコン
  • ピーマン
  • キャベツ
  • ニンジン
  • 塩 少々
  • 油 小さじ1

作り方

(1)細かく切った野菜とベーコンに油小さじ1と塩少々をなじませる

(2)フライパンの中に入れたらフタをして強火で1分半。 ※途中で絶対にフタを開けないのがポイント

(3)1分半たったら蓋を開けて、強火のまま20秒かき混ぜる

(4)もう一度フタをして強火で10秒

(5)火を消して1分待てば出来上がり

ポイント

味付けはお好みで調整する。ピーマン・キャベツ・ニンジン・ベーコンがお弁当野菜炒めの四天王。どれも火の通りが良いので忙しい朝でも加熱2踏んで火が通る

冷めてもシャキシャキ&汁がでない理由

野菜の中には多量の水分が含まれている。それが高温で炒められると、一気に水蒸気となって膨らむ。そして細胞を突き破って穴が開いてしまう。この穴が冷めるとしわしわに縮む原因となる。食感は悪くなりベチャベチャになってしまう。

野菜の細胞を壊さないためには高温になり過ぎないようにフタをして温度を管理しながら炒める。

フタをすると鍋の中に水分が残る。この水分はフライパンの中が高温になりすぎるのを防ぐ効果がある。さらにこの水分は蒸気になった時の大きな熱エネルギーによって、食材全体にすばやくムラ無く火を通すことができる。おかげで細胞が壊れるのを最小限に留めることができる

実際にシャキシャキ感がどれくらい持つのかを実験したところ、10時間たってもシャキシャキ感残っていました。

その他の炒め物レシピ

ウー・ウェンの豚ばら肉とじゃがいもの炒め煮レシピ&作り方【おかずのクッキング10月20日】
ウーウェンさんの豚ばら肉とじゃがいもの炒め煮レシピ

土井善晴の卵のピリ辛炒めレシピ&作り方【おかずのクッキング10月20日】

シェアする

関連商品