関節リウマチを改善するストレッチ/運動のやり方・方法【NHKためしてガッテン12月12日】

2012年12月12日放送のNHKためしてガッテン「関節が痛む人必見!知らぬ間にリウマチ治療が大進化」ではリハビリテーション中伊豆温泉病院の作業療法士・林正春さんがこの関節リウマチを改善するストレッチのやり方を紹介していました。

関節が動かないからといって必ずしも骨破壊が起きているわけではない

番組では14年前にリウマチを発症した大釜さんを取材。骨が変形しひどい時には右手の指がまったく動かせなかったといいます。ところが今では趣味のスケッチをできるようになったとのこと。

大釜さんの手が動かなかったのは痛くなったから動かさなくなったのが原因。すると血流が悪くなり、筋肉が固くなる。すると関節を押し広げたりすることができなくなり関節が動かなくなる。骨が完全に壊れてしまった訳でもないのに壊れてしまっていると思い込み動かさなくなる。関節が動かないからといって必ずしも骨破壊が起きているわけではない。

林正春さんが筋肉が硬くならないような運動と関節が動きやすくなるような運動を紹介。

関節リウマチを改善するグーパー運動のやり方

(1)肩の高さまで両手を上げ、手のひらをゆっくり握って開き、痛くならない程度に手のひらを最大限に開いて10秒キープする。

(2)続いてゆっくりグーにして10秒キープする。 ※グーにするときは親指は外側に出す。

(3)1セット3〜5回で毎日続ける。

注意点

炎症・骨破壊・痛みがある場合は主治医やリハビリの専門家の支持に従う。

この運動で指を曲げる筋肉をしっかり伸長させる。この運動でも痛みがでるようだったら手のひらを上にした状態で指を開いたり閉じたりする。
リウマチで筋肉が動きにくくなってしまった患者さんがこの運動を行った後に握力を測ってみると握力が増していた。

シェアする

関連商品