末梢動脈疾患の見分け方のポイント【NHKためしてガッテン1月9日】

2013年1月9日放送のNHKためしてガッテン「見逃し高血圧で脳卒中 血圧に潜む落とし穴」では、末梢動脈疾患を見極めるポイントなどが紹介されていました。

5年位内に3割の患者が亡くなるというデータが

左右の腕の血圧の差が多いと末梢動脈疾患の疑いがある。末梢動脈疾患の患者さんの31.2%の患者さんが5年以内に亡くなるというデータが出ている。

末梢動脈疾患の見極めのポイント

  • 危険の目安…10%以上のの左右の血圧差
  • 測定のポイント…片腕を測定した後1〜2分間リラックスする。
  • 危険なタイプ…65歳位上の方または喫煙者、糖尿病の方。

血管外科や循環器内科などで検査できる病院もある。

血圧差チェックの裏ワザ

ポイントは上の血圧と下の血圧の差。上と下の血圧差はいわば血管の柔軟性を示す指標。しかし一般に動脈硬化が進むと下の血圧が上がって小さくなるので要注意。

末梢動脈疾患の見分け方のポイント【NHKためしてガッテン1月9日】

差が大きいのも危険。心臓近くの大動脈が硬くなると逆に下の血圧は下る。高血圧の人で上と下の差が60以上の人の場合、大動脈に危険なコブが出来る病気になりやすくなっている可能性がある。

末梢動脈疾患についてはこちらのページで詳しく説明されています。
PAD:手足の変化に気をつけて。|大塚製薬

シェアする

関連商品