笠原将弘の親子丼レシピ&作り方【ウチゴハン9月16日】

2012年9月16日放送のテレビ朝日・笑顔がごちそうウチゴハン「鶏肉のお悩み解決スペシャル」で、賛否両論の笠原将弘料理長が紹介していた親子丼のレシピ&作り方です。

笠原流土鍋親子丼レシピ

材料(4人分)

  • 米 3合
  • 水 3合分(540ml)
  • 長ネギ 1本
  • 鶏もも肉 250g
  • 水 200ml
  • みりん 100ml
  • しょうゆ 50ml
  • こんぶだし 少々
  • 卵 6個
  • 三つ葉 適量
  • 刻み海苔 適量

作り方

(1)土鍋に研いだ米・水を入れ、強火で沸騰させ、沸いたら中火55分、弱火で15分、火を止めて5分蒸らす。

(2)長ネギは5~8mm幅の斜め輪切りにし、鶏肉は全体を半分に切り、2cm幅程度のそぎ切りにする。

(3)フライパンに油をひかずに鶏肉を皮目が下になるように入れ、強火で約3分焼き、表面にパリッと焼き目をつける。返して1分焼く

(4)(2)のフライパンに、水・みりん・しょうゆ・こんぶだしを加え、中火で2分煮立たせ、刻んだ長ネギを加えてさらに2分煮る。

(5)黄身をつぶし、5回ほど軽く溶いた卵を半量、フライパンの中心部分から外側に向かって回し入れ、強めの中火で火を通す(30秒位)。残りの卵も同様に回し入れ、1分ほど煮込む。

(6)火を消し、汁気が多い場合は余分な煮汁をお玉ですくって取り出す。炊きたての土鍋ご飯の上に、フライパンから直接全体に親子煮をのせ、刻んだ三つ葉・刻みのりをちらす。

ポイント

フライパンは広くて浅いものが良い

土鍋を使用しなくても、炊飯器で炊いたご飯をおひつなど大きい器に盛り、その上に親子煮をのせても同じ方法で作れる

鶏肉は小さめのそぎ切りにすると、小さく表面積が多い方が、味が中まで染み込みやすくなる

皮目から焼くことで鶏肉が一段ど香ばしくなり、親子丼の味に奥行きがでる

卵は溶きすぎず、黄身をつぶす程度でOK。2回に分けて、中心から外側に向けて流し込む

その他の親子丼レシピ

秋野暢子の冷やし親子丼レシピ・作り方&美味しいお米の炊き方 波瀾爆笑9月9日
秋野暢子さんの冷やし親子丼

塩麹親子丼のレシピ・作り方 黄金伝説1ヶ月1万円生活でサバンナ高橋が作った親子丼 6月21日
塩麹を使った親子丼レシピ

フレンチの鉄人加賀田京子の親子丼レシピ・作り方 ガチガセ8月31日
ガチガセで紹介されたフレンチ親子丼

玉ひでの元祖親子丼レシピ・作り方 ヒルナンデスで紹介 5月24日
老舗料理店・玉ひでの親子丼

シェアする

関連商品