フライパンで簡単!本格チャーシューレシピ&作り方【ウチゴハン10月28日 五十嵐美幸シェフ】

2012年10月28日放送のテレビ朝日・笑顔がごちそうウチゴハンで、中国料理「美虎(みゆ)」の五十嵐美幸シェフが紹介していた、フライパンで簡単に作れる本格チャーシューのレシピ・作り方です。

五十嵐美幸シェフのフライパンで簡単!本格チャーシューレシピ

フライパンで簡単!本格チャーシューレシピ&作り方【ウチゴハン10月28日 五十嵐美幸シェフ】

材料(分量4人分)

  • 豚肩ロース厚切り肉…4枚
  • サラダ油…大さじ1

★漬けダレの材料

  • 八丁味噌…大さじ2(普通の味噌なら半量(大さじ1)でOK)
  • 砂糖…大さじ8(約70g)
  • しょうゆ…大さじ3
  • 塩…大さじ1
  • オイスターソース…大さじ1
  • ごま油…大さじ1
  • 揚げニンニク…大さじ1(ニンニクチップス)
  • おろし玉ネギ…大さじ2
  • パイナップル…大さじ2(みじん切り)

作り方

1
ボウル、または保存容器に漬けダレの材料(八丁味噌・砂糖・しょうゆ・塩・オイスターソース・ごま油・揚げニンニク・おろし玉ネギ・パイナップルのみじん切り)を混ぜ合わせ、漬けダレを作る。

普通の味噌よりも八丁味噌のほうが仕上がりが良い。
パイナップルはカットパインなどでOK。パイナップルを入れることで、甘み・酸味・風味が揃い、火が通ると更に良い香りになる。
2
豚肩ロース厚切り肉(厚さ1.5~2cm程度)は表面に包丁の先で10か所程度刺して筋切りをする

もも肉だと火が入るとパサついてしまう。肩ロース肉だと火を通してもぱさつかず適度な脂身でジューシーに仕上がる。家庭で作るときは肩ロース肉が一番美味しくできる。
3
【1】の漬けダレの中に肉を入れて全体に浸し、密封して冷蔵庫に入れて半日以上漬ける。
4
フライパンにサラダ油をひき、【1】の肉を弱火で焦げ目がつく程度まで5分間焼き、油に茶色い焦げ浮いてきたら裏返してさらに2分焼く。取り出して5分ほど置いて、余熱で火を通せば出来上がり。

弱火でじっくり焼くことで、おいしい焦げ目が作れる。わざと焦げ目をつけて肉汁を閉じ込めてれば中はジューシーに仕上がる。

ポイント

手間ひまかけ手作る専門店のチャーシューがフライパンひとつで作れるのに味は本格派。特性のタレに漬けた肉を焼くだけで驚くほど簡単に作れる。

実際にお店で出しているチャーシューの作り方は、砂糖・塩・しょうゆ・オイスターソース・ごま油・玉ねぎ・揚げニンニク・エシャレット・香菜・チューホージャン・メイクルチュウ・水飴・五香粉・パイナップルの14種類の材料を合わせて作るタレに、1キロのブロック肉を1週間漬け込み、業務用のオーブンで温度を変えながら1時間半じっくりと焼く。

80度〜90度で30分ゆっくり火を通し、180度でさらに30分。仕上げに220度で30分表面を香ばしく焦がす。

その他のチャーシュー&五十嵐シェフのレシピ

レンジで簡単!栗原はるみの中華おこわ&チャーシューレシピ・作り方 スッキリはるみキッチン9月3日
栗原はるみさんのフライパンで作るチャーシューレシピ

麻婆ナス&茄子とカブのしょうが和えレシピ・作り方 笑顔がごちそうウチゴハン9月9日
以前のウチゴハンで紹介していた麻婆ナス等のレシピ

家で簡単プロの味!絶品焼き餃子(ギョウザ)の作り方・レシピ(さっぱり・大人ダレ) はなまるマーケット7月5日
家庭でも簡単に作れる絶品焼き餃子レシピ

シェアする

関連商品