フライパンで簡単!揚げずに焼くツナ缶のミラノ風カツレツレシピ&作り方【ウチゴハン11月11日 桝谷周一郎シェフ】

2012年11月11日放送のテレビ朝日・笑顔がごちそうウチゴハンでは、広尾のイタリアンレストラン「オステリア・ルッカ」の桝谷周一郎シェフがツナ缶を使った節約レシピとして、フライパンで簡単!揚げずに焼くツナのミラノ風カツレツレシピを紹介していました。

ツナのミラノ風カツレツレシピ

材料(1人前138円)

  • カボチャ 1/4個
  • ツナ缶(フレーク) 大1缶(165g)
  • カレー粉 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ2
  • オリーブオイル 適量
  • 小麦粉 適量
  • 卵 1個
  • パン粉 適量

★特製ソースの材料

  • マヨネーズ 大さじ4
  • ウスターソース 大さじ2

作り方

(1)カボチャは3~4センチ角に切って耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをして600wの電子レンジで8分、柔らかくなるまで加熱する。電子レンジから取り出したら麺棒などで粗く潰しておく。

(2)(1)のボウルにツナを汁ごと入れてヘラでざっくりと混ぜ合わせ、カレー粉・片栗粉の順番で加えてよく混ぜ合わせて4等分にする。

(3)手にオリーブオイルを塗り、(2)を厚さ1.5センチほどの楕円形に形作り、小麦粉をまぶして溶き卵をくぐらせてパン粉をつける。柔らかくて形が崩れやすいので丁寧に扱う

(4)フライパン一面にオリーブオイルをひき、中火で140度の低温まで油の温度を上げ、カツレツを入れて焼く。

(5)2分ほど揚げ焼きにし、表面に焼き色がついてきたら返す。余分な油はペーパーでふきとり、裏面も1~2分ほど焼く。

(6)マヨネーズ・ウスターソースをを混ぜあわせて特製のウスタースを作る

(7)皿にソースを広げて(5)のカツレツを盛り付ければ出来上がり

ポイント

本来を牛肉を叩いて衣をつけ、オリーブオイルやバターで黄金色に上げるという、手間も材料もかかるミラノ風カツレツを揚げないで簡単に作れる。

かぼちゃは夏の野菜だが、貯蔵している間に甘みが増すので冬に食べるとおいしい。

カレー粉をいれることでツナの味を引き立てる。

小さい泡がでるのが目安。

ご飯とキャベツをのせれば、ツナのミラノ風カツレツ丼になる

その他の桝谷周一郎さんのレシピ

桝谷周一郎のさんまときのこのパスタレシピ・作り方【NHKゆうどきネットワーク10月3日】
まかない飯として紹介していたさんまときのこのパスタレシピ

タコのトマトソースパスタレシピ・作り方 笑顔がごちそうウチゴハン7月8日冷製パスタ・カジキマグロのステーキ・タラと餅のトマトソースグラタン)
ウチゴハンで紹介していたタコのトマトソースパスタレシピ

シェアする

関連商品