笠原将弘料理長のツナ缶茶巾卵のあんかけレシピ&作り方【ウチゴハン11月11日】

2012年11月11日放送のテレビ朝日・笑顔がごちそうウチゴハンでは、恵比寿の日本料理店「賛否両論」の笠原将弘料理長が、ツナ缶を使った節約レシピとして、ツナ茶巾卵のあんかけレシピを紹介していました。

笠原将弘料理長のツナ茶巾卵のあんかけレシピ

材料(4人分:1人前144円)

  • 長ネギ 60g
  • 長芋 120g
  • 卵 4個
  • ツナ缶(フレーク) 大1缶(165g)
  • しょうゆ 小さじ1

★あんの材料

  • 水 600ml
  • ほんだし 小さじ1
  • しょうゆ 40ml
  • みりん 40ml
  • 水溶き片栗粉 適量
  • かいわれ大根 1パック(65g)

作り方

(1)長ネギはみじん切り、長芋は皮をむいてみじん切りにし、卵は溶いておく。椀を4つ用意し、大きめにラップを広げてかぶせておく。

(2)フライパンを中火で熱し、ツナを汁ごと入れてツナ缶の油で1分ほど炒める。

(3)1分ほど炒めたら(1)の長ネギ・長芋を加え2分ほど炒め、しょうゆを加えてさっと炒め合わせて弱火にし、卵を流し入れて全体を混ぜ合わせて1分ほどで火を止める。加熱しすぎに注意し、固まりきらない半熟状態にする。

(4)ラップをかぶせた椀に(3)の玉子を入れてラップで包み、巾着の様な形にして上をしぼめ、輪ゴムなどでとめる。3分ほど余熱で火を通し固める。

(5)あんを作る。鍋に、水・ほんだし・しょうゆ・みりんを入れて強火でひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。さらにひと煮立ちさせて火をとめる。2~3センチ幅に切ったかいわれ大根を加え、全体を混ぜ合わせる。

(6)(4)の茶巾玉子をラップからはずして器に盛り付け、あんを全体にかければ出来上がり。

ポイント

長ネギはツナと長芋はツナと相性が良い

長芋は水分が多いのですりおろすと水が出てしまう。食感が残ったほうが良い。

ツナ缶の油で炒めることで節約にもなる

とき卵でボリュームアップする

完全に火を入れてしまうと炒り卵になってしまう。半熟にするのがポイント。

あんかけの黄金比率は、だし汁15:しょうゆ1:みりん1の割合なんだそうです。

かいわれ大根にはツナに含まれている鉄分の吸収を促すビタミンCが豊富に含まれている。

料理長が使っていた鍋はやっとこ鍋といい、持ち手がなく熱い時はやっとこが必要だが、重ねておけるので場所をとらないプロの鍋。

ツナ缶の感じがなく、高級食材のような味なんだそうです。

茶巾にする手間を省きたい時は、焼き目をつけてご飯にのせ、天津風卵丼にしてもOK

その他の笠原将弘料理長のレシピ

シェアする

関連商品