ウチゴハン牡蠣料理レシピ【麻婆カキ&土手鍋&牡蠣ご飯&甘味噌炒め 12月2日】

2012年12月2日放送のテレビ朝日・笑顔がごちそうウチゴハンでは、牡蠣の養殖をしている水谷さんがおすすめの牡蠣料理を紹介していました。

牡蠣の土手鍋レシピ

材料(分量4人分)

  • 里芋 6個
  • こんにゃく 300g
  • 長ネギ 2本
  • 酒 大さじ2
  • 水 200ml
  • ほんだし 小さじ1/3
  • みそ 40g
  • カキ(加熱用) 20粒

作り方

(1)里芋は皮をむき・こんにゃくは厚みを半分にして細長く切り、下ゆでをする。長ネギは3センチ幅に切っておく。

(2)土鍋に、酒・水・ほんだし・みそを入れ煮立たせたら、(1)の具材・カキを入れ5分ほど煮込めば出来上がり。 ※味が薄ければみそを、濃ければだし汁を加えて調整する。

麻婆カキレシピ

材料(分量4人分)

  • カキ(加熱用) 16粒
  • 塩 適量
  • 片栗粉 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • 豚ひき肉 80g
  • おろしニンニク 小さじ1/2
  • 甜麺醤 大さじ1/2
  • 豆板醤 大さじ1
  • 一味唐辛子 少々
  • 水 150ml
  • 鶏がらスープの素 少々
  • 酒 大さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1
  • コショウ 少々
  • 豆鼓醤 小さじ1/3
  • 長ネギ 20g
  • 水溶き片栗粉 少々
  • ラー油 少々
  • サラダ油 少々
  • 粉山椒 少々
  • 浅葱 適量

作り方

(1)牡蠣は塩と片栗粉で揉み水で洗い流す。

(2)鍋に湯を沸かし塩を少々加え、片栗粉をまぶしたカキを1~2分茹でる。

(3)フライパンにサラダ油をひき、豚ひき肉を入れ中火でパラパラになるまで炒め、おろしニンニク・甜麺醤・豆板醤・一味唐辛子を入れて香りが出るまで炒める。

(4)(3)に、水・鶏がらスープの素・酒・しょうゆ・コショウ・豆鼓醤を加えて煮立たせ、長ネギのみじん切り・(2)の牡蠣を加えて炒め合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

(5)仕上げにラー油・サラダ油・粉山椒を加え、器に盛り小口に切った浅葱を散らせば出来上がり。

ふっくらカキご飯レシピ

材料(分量4人分)

  • カキ(加熱用) 20粒
  • ニンジン 1/2本(60g)
  • 万能ネギ 適量
  • 水 300ml
  • しょうゆ 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 米 3合
  • 水 300ml
  • ほんだし 小さじ1/2
  • 酒 大さじ1

作り方

(1)カキは湯通しし、ニンジンは千切りに、万能ネギは小口切りにする。

(2)鍋に、水・しょうゆ・酒・みりんを煮立たせ(1)の牡蠣を加えて3分ほど煮る。煮あがったらカキと煮汁は別々にしておく。

(3)土鍋に磨いだ米・水・ほんだし・(2)の煮汁全量・酒・ニンジンを入れて混ぜ合わせて、蓋をして沸騰するまで強火で炊き、中火55分、弱火で15分炊く。

(4)炊き上がったらご飯の上に(2)のカキをのせ、蓋をしてさらに5分ほど蒸らす。さっくりと混ぜ合わせ、万能ネギを散らせば出来上がり。

カキは一緒に炊きこんでしまうと硬く縮んでしまうので、炊き上がりの蒸らしのタイミングに入れるとふっくら仕上がる。

四川風カキの甘みそ炒めレシピ

材料(分量4人分)

  • サラダ油 適量
  • 長ネギ 1/4本
  • ショウガ 1/2片
  • 甜麺醤 大さじ1(ない場合は八丁味噌と砂糖で代用可能)
  • カキ(加熱用) 12粒
  • 砂糖 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 水 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 少々
  • コショウ 少々
  • 水溶き片栗粉 小さじ1

作り方

(1)フライパンにサラダ油をひき、小口に切った長ネギ・薄切りにしたショウガを炒め、甜麺醤を加えて全体に絡ませ、カキを入れて炒め合わせる。

(2)砂糖・酒・しょうゆ・水・鶏がらスープの素・コショウ・水溶き片栗粉を合わせた調味料を加え、強火で炒め合わせ、最後にごま油を加えれば出来上がり。

幻の的矢の牡蠣

牡蠣の美味しい季節がやってきた。牡蠣といえば生産量日本一の広島の牡蠣が有名だが、三重県的矢漁協の牡蠣は幻の牡蠣と呼ばれている。的矢とは三重県中部の漁村の名前。的矢漁協の牡蠣は絶対数が少ないので希少性が高く、甘みとコクと風味のバランスが丁度良いそうです。値段は広島の牡蠣の約2倍。

牡蠣の養殖が盛んな的矢湾は美味しい牡蠣を求めて訪れる人も多いそうです。牡蠣が美味しい理由は栄養分豊かな的矢の海。3本の川が豊富なミネラルを運び、複雑な海岸線に囲まれた海で、餌となるプランクトンがよく育つ。的矢の牡蠣はまさに海の恵み。

番組では現役の海女さんができたての魚介類を焼いてくれる海女小屋はちまんかまど(海女小屋料理1人前3500円余理。※海女小屋体験メニュー各種 時期によって食材は異なる)を紹介。(ホームページ:http://www.amakoya.com/

牡蠣はもちろん、サザエや干物などをの海の幸を焼いてくれる。

この的矢の牡蠣を食べた陳建太郎さんは普通の牡蠣と比べて甘みが抜群に良く、食べると独特の苦味があるのが多いが、この牡蠣は全くないとコメントしていました。

シェアする

関連商品