鮭と根菜のアヒージョレシピ/作り方【ウチゴハン 1月20日 江角マキコ/ピリ辛オイル煮】

2013年1月20日放送のテレビ朝日・笑顔がごちそうウチゴハンでは、江角マキコさんが鮭と根菜のアヒージョ(ピリ辛オイル煮)のレシピを紹介していました。

鮭と根菜のアヒージョレシピ

鮭と根菜のアヒージョレシピ/作り方【ウチゴハン 1月20日 江角マキコ/ピリ辛オイル煮】

材料(分量:4人分)

  • 鮭…4切れ
  • 塩…小さじ1
  • ニンジン…1/2本(100g)
  • ゴボウ…小1本(100g)
  • ニンニク…4片
  • オリーブオイル…大さじ4
  • マッシュルーム…8個
  • 赤唐辛子…2本
  • タイム…2~3本
  • 塩…大さじ1/2

作り方

(1)鮭の切り身を3等分に切り、塩をふって下味をつけておく。ニンジンは皮付きのまま1センチ厚さの半月切り、ゴボウは皮をこそげ5センチの長さに切り、縦半分にして5分水にさらしておく。

(2)ニンニクを4等分にして芯をとり、オリーブオイル(大さじ4)と一緒にフライパンに入れ、弱火で5分ほどじっくり炒める。

(3)(2)のフライパンに、水気を切ったゴボウ・ニンジンを加えて、弱火のまま裏表2~3分ずつ表面に焼き色がつくまで焼く。

(4)(3)に鮭・マッシュルーム・ちぎった赤唐辛子・タイム・塩を加え、残りのオリーブオイルを注ぎ入れて、フタをせず中火で10分煮れば出来上がり。 ※途中、上下を返しながら煮る。

ポイント

アヒージョとはにんにくのオイル煮のことで、魚介類や野菜をオリーブオイルで煮込む熱々ぽかぽかの鍋料理。好みの具材で作れるのは日本の鍋と同じ。
にんにくに含まれるアリシンには血行をよくして体を温める働きがある。また新陳代謝を活発にするので体を温めるのにとても良い食品。
鮭に含まれるアスタキサンチンは強い抗酸化作用で老化防止に良いといわれるが、血行を良くして体を温める効果がある。
昔から土の中で育つ野菜には体を温める働きがあると言われている。

その他のアヒージョレシピ

シェアする

関連商品