自動で転がるボール型ロボット掃除機MOCORO(モコロ)【WBSワールドビジネスサテライト2月1日】

2013年2月1日放送のテレビ東京・WBSワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」では、一見毛玉のように見えるが、自動で転がってほこりを取ってくれるという新しいボール型ロボット掃除機MOCORO(モコロ)を紹介していました。

自動で転がるボール型ロボット掃除機MOCORO(モコロ)

ボール型ロボット掃除機MOCORO(モコロ)はカバーの内側にあるスイッチを入れると、自動で方向転換して転がりながらほこりを取っていく。

CCP 「自動でコロコロお掃除ラクラク! 」 ミニロボット掃除機 【マイクロファイバーモップボール MOCORO】 ピンク CZ-560-PK CCP 「自動でコロコロお掃除ラクラク! 」 ミニロボット掃除機 【マイクロファイバーモップボール MOCORO】 ピンク CZ-560-PK

CCP 2013-02-14
売り上げランキング : 255

Amazonで詳しく見る

ボウルの中は片側に重りがついていてスイッチを入れると中身が回転。5秒毎に動きを逆にすることで不規則に転がり続ける。人工知能がついていないので隅々まで掃除をするわけではないが、その分価格を4000円ほどに抑えた。

開発したシー・シー・ピーホームは元々ロボット掃除機を開発・販売していたが、これまでにないものを作ろうと可愛らしさにこだわった。

カバーの素材にはほこりを吸着しやすいマイクロファイバーを使っている。ついたゴミは付属のブラシで取って、さらにカバーは選択できる。新しいタイプのお掃除ロボットMOCORO(モコロ)は2月14日に発売予定。価格は3980円(税込)

シー・シー・ピーホームケアプロダクツ部の塩谷草子さんは「ロボット掃除機を買った人が動作がペットのようでかわいいと、さらにかわいらしさ、ペット的な動作を追求した。より楽しい生活家電を作りたいので形にこだわらず、そうじ力と可愛らしさの追求を今後も検討していきたい」と話していた。
CCP 「自動でコロコロお掃除ラクラク! 」 ミニロボット掃除機 【マイクロファイバーモップボール MOCORO】 ピンク CZ-560-PK

シェアする

関連商品