WBS 3Dペン「3Doodler」【ワールドビジネスサテライト 4月30日】

2013年4月30日放送のテレビ東京・WBSワールドビジネスサテライト「トレンドたまご(トレたま)」では3Dペン「3Doodler」が紹介されていました。

思ったものをすぐに形にできる3Dペン「3Doodler」

WBS 3Dペン「3Doodler」【ワールドビジネスサテライト 4月30日】
この3Doodlerは思ったものをすぐに形にできる3Dペン。ペンの中にモーターが組み込まれている。原料のインクは棒状のプラスチック。270度まで熱したペン先からプラスチックが溶けて出てくるという仕組み。

ペンには冷却ファンが内蔵されており、冷たい空気でプラスチックを固める。コントロールがすこす難しいものの30分ほど練習すれば簡単な花などを作ることができる。

慣れてくればエッフェル塔や自転車の模型なども作ることができる。
また型紙を使って複数のパーツを作りつなぎ合わせていくことで大きな模型を作ることもできる。

アメリカ・ボストンの開発者・おもちゃの専門家のマックスボーグさんとロボットの専門家ピーター・ディルウォースさんは「3Dプリンターがものを作るのを見ていて自分で直接やりたいって思ったのがきっかけだった。」と話していた。

ものづくりを簡単にできると話題の3Dプリンターは価格は数十万円するのが一般的で使うにはコンピュータでの設計知識が必要。

2人はもっと簡単にものを作りたいという自分たちの望みを自分たちで叶えてしまった。さらに3Dペンをファンにおもちゃのモーターを使うことでコストもぐっと抑えた。

2人はさらに「ソフトの開発やデザインを学ぶ必要はない。3Dペンのスイッチを入れて思ったままに描くだけなんだ。」と語っていた。

価格はおよそ1万円。来年2月にアメリカで発売される。日本でもアメリカと同じ2月に発売を目指しているそうです。

The 3Doodler

シェアする

関連商品