肉じゃが丼レシピ・作り方  ゆうどきネットワーク6月21日・毎日食べたい絶品まかない飯

2012年6月21日放送のNHKゆうどきネットワークでは毎日食べたい絶品まかない飯ということで肉じゃが丼のレシピ・作り方が紹介されていました。

東京新宿区の早稲田大学からほど近い場所にある日本料理松下の店主松下利一さんがまかない飯のレシピを紹介。松下さんにとってのまかないとは、作る人の心と食材の特徴を知ることだそうです。自分も勉強してお客さんに美味しいのものを作ることが極意。

肉じゃが丼レシピ・作り方

材料(4人分)

  • 豚バラ肉   170g
  • じゃがいも  3コ(330g)
  • にんじん   2本(200g)
  • たまねぎ   2コ(300g)
  • しらたき   1袋(180g)
  • いんげん   5~6本(50g)
  • ごはん    4杯分
  • 卵      2コ

★調味料

  • だし    360ml
  • 酒     180ml
  • しょうゆ  大さじ6
  • 砂糖    90g
  • 油     大さじ4


作り方

(1)じゃがいもは皮をむき乱切りにして、電子レンジに約2分間かける
(2)にんじんも皮をむき乱切りにして、電子レンジに約3分間かける ※根菜類は火が通りにくいので事前に加熱するのがポイント
(3)しらたきといんげんはサッとゆで、水にさらす ※いんげんをゆでるときに塩ひとつまみ入れることで鮮やかな色になる
(4)油(大さじ4)をひいた鍋に豚バラ肉を入れ、強火で炒める
(5)肉に火が通ったら、1㎝幅に切ったたまねぎを加え、しんなりするまで中火で炒める
(6)2で加熱済みのじゃがいもとにんじんを加え、具材をよく馴染ませる
(7)3で湯がいたしらたきを加える
(8)だし、酒を加え、沸騰したらアクを取る
(9)砂糖を加え、中火で約4分間煮詰め、しょうゆを入れさらに3分間加熱する
(10)火を止めて約20分間そのままおく ※煮物はいったん火を止めて温度を冷げることで浸透圧で具材に味がしっかり染み込んでいく
(11)20分後、加熱して熱々の具材だけをごはんにのせる
(12)残った煮汁に溶き卵を流し入れ、トロトロの半熟状の卵をかけてできあがり

具材全てにしっかり味が染み込んだプロの味の肉じゃが。薄味で卵がとろとろでとてもおいしいそうです。

シェアする

関連商品