味噌と酒粕のおろし鍋レシピ/作り方【ゆうどきネットワーク1月9日 便秘解消】

2013年1月9日放送のNHKゆうどきネットワーク「明日からできる!生活向上委員会 正月太り撃退!快腸術」では、管理栄養士の竹内富貴子さん便秘解消レシピとして味噌と酒粕のおろし鍋のレシピが紹介されていました。食物繊維などを腸の働きをアップさせるレシピを数多く考案する主婦に人気の料理研究家。

みそと酒かすのおろし鍋

味噌と酒粕のおろし鍋レシピ/作り方【ゆうどきネットワーク1月9日 便秘解消】

材料(2人分)

  • たい(切り身)      2切れ
  • 木綿豆腐         200g
  • ねぎ           1本
  • 白菜           150g
  • しいたけ         2枚
  • にんじん(短冊切り)   50g
  • 春菊           50g
  • なめこ          1袋
  • 大根おろし        200g
  • 水            400~500ml
  • しょうが(薄切り)    1かけ
  • 白みそ          大さじ3
  • 酒かす          大さじ4(ゆるめたもの)
  • 塩            小さじ1弱
  • 牛乳           カップ2/3

作り方

(1)たい・豆腐は食べやすい大きさに切る。白菜は芯の部分は火が通りやすいように細めに切り、葉の部分は大きめにざく切りにする。春菊は固い部分は切り落とし、長さを半分に切る。

(2)ねぎは斜め薄切り、しいたけは石づきを取って半分にし、大根はおろして水気を軽くきっておく。

(3)鍋に水・しょうがを入れて火にかけ、沸騰してきたら白みそ・酒かすを湯で溶きのばして加える。

(4)そこに塩・牛乳を加え、沸騰しない程度に煮立ってきたら、たい・豆腐・ねぎ・白菜・しいたけ・にんじんを加える。

(5)たいに火が通ったら春菊・なめこ・大根おろしを加えて煮ながら食べる。

ポイント

酒粕は滑らかな食あたりだが食物繊維が豊富に含まれている。そのため多くの食物繊維をとることができる。
なめこや海藻のヌルヌルは水溶性の食物繊維。水溶性の食物繊維は腸の動きを良くしてくれる。
たくさんの食物繊維が摂れ、1人あたりわずか500キロカロリー以下というヘルシーな鍋。

シェアする

関連商品