肩こり解消に効果的!大人のラジオ体操の方法・やり方 雑学家族6月30日 中村格子

2012年6月30日放送のテレビ朝日・雑学家族で紹介されていた肩こり解消効果がアップするラジオ体操のやり方を大人のラジオ体操の著者、医学博士の中村格子さんが紹介。

ラジオ体操第一は肩こり解消に効果的

ラジオ体操第一には13ある全ての動きに肩の運動が含まれている。
そもそも肩こりの原因の一つは運動不足。例えば長い時間同じ姿勢を続けたりすると、僧帽筋と呼ばれる首から肩背中にかけての筋肉が硬く収縮。筋肉が収縮すると血管が狭まり血行が悪くなる。すると筋肉に痛みや疲労のもととなる物質がたまり、肩こりになる。ラジオ体操はそんな運動不足にうってつけだそうです。
さらにこのラジオ体操には少し意識をするだけで効果を劇的に高めることができるという。
大人のラジオ体操の著者、医学博士の中村格子さんがポイントをチェック。

腕を回す運動

内回し外回しと腕を交互に回す運動。ポイントは腕を回すスピード。
腕が後ろに来るときにゆっくりに回すようにすると肩甲骨がよく動くようになる。バケツを振り回して遠心力が効いているような気持ち。
肩甲骨をよく動かすことで肩こり解消効果が大幅にアップするそうです。

腕を上下に伸ばす運動

ポイントは肩の位置。肘が体よりも前に入っている人は、肩が前に入って姿勢が悪くなっている。肩と手で作った三角形が体の真横に来るように意識する。横から見たた時に肩が耳の真下に来るように後ろに引き寄せ、胸を張った状態で腕の曲げ伸ばしを行う。そうすると肩甲骨が上下に動かすことができ肩こり解消に効果的。

シェアする

関連商品